Windows 11も実は入った「Microsoft 365」 主要プランE3、E5、F3の違いは「Windows 10」から「Windows 11」への移行コスト【第2回】

「Windows 11」を利用するためのライセンスはさまざまだ。企業が利用する際に検討対象になり得る「Microsoft 365 E3」「同E5」「同F3」の概要を整理しよう。

2023年06月18日 10時30分 公開
[Ed TittelTechTarget]

 MicrosoftのクライアントOS「Windows 10」から「Windows 11」への移行は、現状の「Windows」のライセンスを見直す絶好のタイミングとなる。Windowsのライセンスにはさまざまな種類があり、それぞれの違いは決して分かりやすいとは言えない。Windowsを利用するための主要なライセンスの概要を理解して、適切なライセンスを選択しよう。

Windowsライセンスも入った「Microsoft 365」のE3、E5、F3の違い

 Windows 11をはじめとするWindowsのライセンスは、単体で契約することが可能だ。その他、Microsoftの製品/サービス群をまとめたサブスクリプションサービス「Microsoft 365」の企業向けプランの中にも、Windowsのライセンスを含むものがある。複数のMicrosoft製品/サービスを利用したい企業が、Windowsのライセンスを検討する際は、Microsoft 365が有力な選択肢となり得る。

 Microsoft 365の主要な企業向けプランには、

  • 標準的なプランの「Microsoft 365 E3」
  • セキュリティやコミュニケーション機能を強化したプランの「Microsoft 365 E5」
  • エントリープランの「Microsoft 365 F3」

がある。いずれもWindowsに加えて、クライアントアプリケーション群「Microsoft 365 Apps」、ファイル同期サービス「OneDrive」などのライセンスを含む。Microsoft 365 Appsはワープロソフトウェア「Microsoft Word」や表計算ソフトウェア「Microsoft Excel」といった、オフィススイート「Microsoft Office」のクライアントアプリケーションをまとめたサブスクリプションサービスだ。

 E3とE5では、エンドユーザーは1人当たり最大5台のPC、最大5台のタブレット、最大5台のスマートフォンに、Microsoft 365 Appsをインストールできる。Windowsの自動的な更新プログラム適用サービス「Windows自動パッチ」も利用可能だ。

 F3では、利用可能なMicrosoft 365 AppsはWebアプリケーション版とモバイルアプリケーション版(ディスプレイの対角線長が10.9インチ以下のデバイスで利用する場合のみ)に限られる。F3はWindows自動パッチのライセンスを含まない。


 次回はWindowsを利用するための、他の主要なライセンスを紹介する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Web広告施策に課題を感じている企業は9割以上――リンクアンドパートナーズ調査
企業のWeb広告施策を推進している担当者約500人を対象に、課題と今後の取り組みについて...

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...

news145.jpg

3D空間メディアのマーケティング効果を測る新指標「ブランドイマーシブタイム」とは?
電通と電通グループ、電通デジタルは、3D空間メディアが与えるマーケティング効果を測る...