「Heroku無償プラン終了」の衝撃 “無料じゃなくなったサービス”はこれだHerokuの「代替PaaS」を比較【第1回】

「Heroku」の無償プランを廃止する――。Salesforceが下したこの決断は、Herokuユーザーに大きな衝撃を与えた。具体的にどのようなサービスが無償で利用できなくなったのか。移行先となり得る有償プランとは。

2023年06月17日 20時30分 公開
[Stephen J. BigelowTechTarget]

 Salesforceは2022年、PaaS(Platform as a Service)群「Heroku」の一部サービスで提供していた無償プランを廃止した。開発者やソフトウェア開発チームは、かつて無償で利用していたHerokuサービスの有償版が、自社の用途に見合うかどうかを改めて判断する必要がある。

無料で使えなくなったHerokuサービスとは?

 Herokuはアプリケーションの配備や実行、管理をするための、複数のPaaSで構成されている。インフラとして利用するのは、Amazon Web Services(AWS)の仮想マシンサービス「Amazon Elastic Compute Cloud」(Amazon EC2)だ。

 開発者はHerokuのダッシュボードやコマンドラインインタフェース(CLI)を利用することで、アプリケーションの開発や管理を簡素化できる。Herokuはアプリケーションのインフラを抽象化することで、インフラの複雑な管理作業からユーザー企業を解放する。

 Herokuが扱うコンテナ「dyno」は、オープンソースOS「Linux」の軽量コンテナだ。dynoはエンドユーザーが入力したコマンドを基に、アプリケーションを実行する。dynoの無償プランによって、ユーザー企業はdynoを1カ月のうち、一定の時間内であれば無償で利用できた。

 Salesforceは2022年11月にdynoの無償プランを廃止し、料金体系を再構成した。2023年時点ではスペックが異なる6種類のdynoを提供している。各dynoは、メモリの容量や共有CPUの占有率、利用可能な機能が異なる。

 リレーショナルデータベース(RDB)サービスの「Heroku Postgres」と、キーバリュー型データストア「Heroku Data for Redis」には、開発者やソフトウェア開発チーム向けの無償プランがあった。dynoと同様に、Salesforceはそれぞれの無償プランを廃止した。Heroku PostgresとHeroku Data for Redisの有償プランには、利用可能な機能やストレージ容量などが異なる複数のプランがある。


 第2回は、Herokuサービスの無償プラン廃止で、ユーザー企業に生じる可能性があるリスクを説明する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...