2022年05月25日 05時00分 公開
特集/連載

オープンソースPaaS製品「Cloud Foundry」「Dokku」「OKD」の違いとは?6つのオープンソースPaaS製品を比較【中編】

オープンソースPaaS製品には代表的な製品が幾つかある。その中から、「Cloud Foundry」「Dokku」「OKD」の機能と特徴を説明する。

[Zachary Flower,TechTarget]

 ミドルウェアのクラウドサービスであるPaaS(Platform as a Service)は、アプリケーションのインフラ構築を簡素化する。特にPaaSを構築可能なオープンソースソフトウェア(OSS)である「オープンソースPaaS」製品は、クラウドベンダーが提供するPaaSと比較して、ベンダーロックインを解消しやすいメリットがある。前編「“普通のPaaS”が嫌なら『オープンソースPaaS』製品を使うべき理由」に続く本稿は、主要な6種類のオープンソースPaaS製品のうち、2つ目から4つ目を紹介する。

2.Cloud Foundry

 2つ目は、Cloud Foundry Foundationのアプリケーションインフラ管理ソフトウェア「Cloud Foundry」だ。Cloud Foundryの実行や管理には、「BOSH」というソフトウェアを利用する。

 Cloud Foundryの操作には主にコマンドラインインタフェース(CLI)を利用する。独自のマーケットプレースを介して、アプリケーションにログ収集やシングルサインオン(SSO)などの機能を実装できる。ソースコード共有サービスの「GitHub」やAmazon Web Services(AWS)の同名クラウドサービス群などと、API(アプリケーションプログラミングインタフェース)を介して連携可能だ。

主な特徴

  • CLIを用いた他のアプリケーション開発ツールとの連携
  • BOSHが生成するVMイメージ「Stemcell」を用いた、異なるIaaS(Infrastructure as a Service)間でのVM構築
  • 主要プログラミング言語の実行
  • マーケットプレースによるアプリケーション開発機能の拡張

3.Dokku

 3つ目の「Dokku」は、シンプルな機能と使いやすさを特徴とする。DokkuはCLIで操作でき、Salesforce(salesforce.com)のPaaS「Heroku」に似た使い方ができる。

 Dokkuはプラグインの集まりとして構築された、プラグインアーキテクチャが大きな特徴だ。単一のリポジトリ(ファイル貯蔵庫)内に、データベースなどアプリケーションに依存関係のある要素を格納できる。Let's EncryptのSSL(Secure Sockets Layer)サーバ証明書登録やSlack Technologiesのチャットツール「Slack」の自動通知といった機能の追加も可能だ。

主な特徴

  • CLIを用いた他のアプリケーション開発ツールとの連携
  • Herokuと同様の「git push」(ローカルリポジトリで管理するソースコードをリモートリポジトリに更新する方式)によるアプリケーションのデプロイ(利用可能な状態にすること)
  • さまざまなプラグインで構成されたアーキテクチャ
  • Dockerを用いたインフラ制御

4.OKD

 4つ目のRed Hat「OKD」は、コンテナオーケストレーター「Kubernetes」のOSSのディストリビューション(配布用パッケージ)だ。同社の商用PaaS製品「Red Hat OpenShift」と同等の機能を持つ。さまざまなKubernetesワークロード(Kubernetesで構築したコンテナのクラスタ「Kubernetesクラスタ」で稼働するアプリケーション)を実行できるよう設計されており、チームでの使いやすさが念頭に置かれている。操作にはCLIと、Webブラウザで利用できるグラフィカルユーザーインタフェース(GUI)の両方が使用できる。

主な特徴

  • 「LDAP」(Lightweight Directory Access Protocol)サーバやMicrosoftの「Active Directory」といったディレクトリサーバ、認可の標準規格「OAuth」などの利用
  • マルチテナントの開発
  • CLIまたはGUIによるアプリケーションの構築と監視

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...