2019年01月24日 05時00分 公開
特集/連載

オンプレミス、クラウド、仮想環境をまとめるマルチクラウド管理ツールはどう選ぶ? 主要製品の特徴を比較する

クラウド管理ツールを選定する際、IT担当者が評価すべきポイントについて解説する。本稿で取り上げる6つの機能が搭載されているかどうかが確認のポイントだ。

[Robert Sheldon,TechTargetジャパン]
画像

 複数のクラウドプラットフォームを利用するケースが広がっているが、そうしたマルチクラウド環境を管理するのは簡単ではない。多様なアプリケーションが混在し、ユーザーの分散が進んでいる場合は特に厄介だ。こうした複雑化した環境で、各クラウドプラットフォームの機能を最大限利用するためには、また、コストを最小限に抑えるためにはマルチクラウド環境向けの管理ツールが欠かせない。コンプライアンス要件を確保するためにもこうしたツールが必要だ。

 管理ツールとして検討すべきは、異なる環境を管理するためのCMP(クラウド管理プラットフォーム)だ。CMPは管理に必要なソフトウェアやツールを一式まとめたもので、パブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウドの環境を統合的に監視、管理できる。

 CMPの種類は多様だが、利用する利点はストレージなどのリソースをマルチクラウド環境全体にまたがって管理できることにある。オブジェクト指向技術の標準化団体であるObject Management Groupが、CMPの主要な6つの機能について概説している。その機能とは、「システム統合」「標準サービス」「サービス管理」「リソース管理」「ガバナンス/セキュリティ」「財務管理」の6つだ。

 本稿では、Object Management Groupの定義に沿ってCMPが持つべき機能を紹介する。マルチクラウド向けの管理ツールとして、各CMPがそれらの機能をどのように搭載し、利便性の高いツールにしているのかについても解説する。取り上げる製品は「CloudCenter」「Morpheus」「Scalr」「Turbonomic」などだ。

システム統合を実現するCMPの機能

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

社名に「令和」を含む企業は全国で何社ある?――東京商工リサーチ調べ
即位礼正殿の儀を前に新設法人334社、社名変更で97社の「令和」企業が生まれています。

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...