2019年01月24日 05時00分 公開
特集/連載

オンプレミス、クラウド、仮想環境をまとめるマルチクラウド管理ツールはどう選ぶ? 主要製品の特徴を比較する

クラウド管理ツールを選定する際、IT担当者が評価すべきポイントについて解説する。本稿で取り上げる6つの機能が搭載されているかどうかが確認のポイントだ。

[Robert Sheldon,TechTargetジャパン]
画像

 複数のクラウドプラットフォームを利用するケースが広がっているが、そうしたマルチクラウド環境を管理するのは簡単ではない。多様なアプリケーションが混在し、ユーザーの分散が進んでいる場合は特に厄介だ。こうした複雑化した環境で、各クラウドプラットフォームの機能を最大限利用するためには、また、コストを最小限に抑えるためにはマルチクラウド環境向けの管理ツールが欠かせない。コンプライアンス要件を確保するためにもこうしたツールが必要だ。

 管理ツールとして検討すべきは、異なる環境を管理するためのCMP(クラウド管理プラットフォーム)だ。CMPは管理に必要なソフトウェアやツールを一式まとめたもので、パブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウドの環境を統合的に監視、管理できる。

 CMPの種類は多様だが、利用する利点はストレージなどのリソースをマルチクラウド環境全体にまたがって管理できることにある。オブジェクト指向技術の標準化団体であるObject Management Groupが、CMPの主要な6つの機能について概説している。その機能とは、「システム統合」「標準サービス」「サービス管理」「リソース管理」「ガバナンス/セキュリティ」「財務管理」の6つだ。

 本稿では、Object Management Groupの定義に沿ってCMPが持つべき機能を紹介する。マルチクラウド向けの管理ツールとして、各CMPがそれらの機能をどのように搭載し、利便性の高いツールにしているのかについても解説する。取り上げる製品は「CloudCenter」「Morpheus」「Scalr」「Turbonomic」などだ。

システム統合を実現するCMPの機能

ITmedia マーケティング新着記事

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...

news118.jpg

「スーパーアプリ」の台頭がアジアのモバイルファイナンス成長を後押し――AdjustとApp Annieが共同調査
AdjustはApp Annieと共同で「モバイルファイナンスレポート2019」を発表しました。