2018年11月27日 09時00分 公開
特集/連載

ネイティブツールだけでは不十分DellやIBMの統合クラウド管理ツールを導入すべき4つの兆候

マルチクラウド環境の運用において、クラウドベンダーのネイティブツールは管理者にとって不十分な場合が多い。本稿では、サードパーティー製クラウド管理ツールを導入するタイミングを示す4つの兆候を紹介する。

[David Linthicum,TechTarget]
画像 サードパーティー製ツールはマルチクラウド環境の運用に手を焼く管理者の味方だ

 マルチクラウド環境を導入すると、使用サービスの数が管理できる能力の限界を超える時がいずれ来る。それが転換点であり、サードパーティー製クラウド管理ツールを評価するタイミングになる。

 当然、正確な「転換点」は企業ごとに異なる。企業の規模、管理するサービスの複雑さ、セキュリティ、ガバナンス、クラウドの運用担当者のスキルに左右される。

 では、サードパーティー製クラウド管理ツールを導入するタイミングをどのように判断すればよいだろうか。そこには4つの共通する兆候がある。

開発者の不満

ITmedia マーケティング新着記事

news044.jpg

大日本印刷の山口圭介氏が次世代のマーケターに伝えたい「生き方」と「働き方」
B2Bマーケター注目のイベント「Bigbeat LIVE」が2019年8月2日に開催される。そこに登壇す...

news096.jpg

HubSpotが無料のCRMを強化、メール配信と広告管理機能を提供
無料で使える「HubSpot CRM」に、メールマーケティング機能と広告機能が加わった。

news045.jpg

フリーランス活用職種トップ3は「デザイナー」「エンジニア」「動画制作」――ランサーズ調査
ランサーズが企業を対象に実施した「外部人材(フリーランス)活用実態調査」によると9割...