2022年05月11日 05時00分 公開
特集/連載

“普通のPaaS”が嫌なら「オープンソースPaaS」製品を使うべき理由6つのオープンソースPaaS製品を比較【前編】

PaaSの課題は「オープンソースPaaS」製品を利用することで解消できる場合がある。オープンソースPaaS製品のメリットと、その一つである「CapRover」を取り上げる。

[Zachary Flower,TechTarget]

 PaaS(Platform as a Service)はアプリケーションの開発・実行に必要なインフラや技術を利用しやすくして、開発プロセスを簡素化するミドルウェアのクラウドサービスだ。PaaSはインフラの構築や管理の複雑さを排除し、アプリケーションの市場投入までの時間を短縮する。

 使いやすいことがPaaSの特徴だ。ただしPaaSには課題が幾つかある。ベンダーロックインは深刻な課題の一つだ。主要なPaaSはベンダー独自の仕組みで稼働しているため、一般的には他ベンダーのPaaSでは再現できない。PaaSの移行には相応のコストと労力を必要とする。

PaaSの“残念”を解消する「オープンソースPaaS」製品

 そこで役立つのが、PaaSを構築可能なオープンソースソフトウェア(OSS)である「オープンソースPaaS」製品だ。オープンソースPaaS製品はサーバ管理の必要性を完全になくすわけではない。それでもアプリケーションのインフラ構築と管理のプロセスを簡素化する効果がある。アプリケーションを市場に投入するために必要な労力が減るだけでなく、アプリケーションを稼働させるインフラと方法を細かく選択できる。

 本連載が紹介する6つのオープンソースPaaS製品は、クラウドインフラの特徴を生かしつつインフラ管理を簡素化させるために利用できる。

1.CapRover

 1つ目はサーバ構築管理ツールの「CapRover」だ。CapRoverは、プログラミング言語「TypeScript」を使用して構築されている。数個のコマンドだけでサーバを立ち上げることができる。コンテナ管理ツール「Docker」のコンテナを構築し、管理することも可能だ。CapRoverの独自形式ファイル「Captain Definition File」は、アプリケーションのインフラを適切に運用するのに必要な、リソースなどの依存関係を全て記述する。これにより開発したアプリケーションを最小限のオーバーヘッド(付加的な動作時間)で実行できる。

 CapRoverは、他のOSSや技術をワンクリックで実装できるようにするためのマーケットプレースを提供している。このマーケットプレースを介してコンテンツ管理システム(CMS)「WordPress」やデータベース管理システム(DBMS)「MySQL」などの技術の利用が容易になり、CapRoverを用いたアプリケーション開発の複雑さを軽減できる。

主な特徴

  • 証明書認証局「Let's Encrypt」のSSL(Secure Sockets Layer)サーバ証明書の自動設定
  • コマンドラインインタフェース(CLI)を用いた自動化
  • Webベースのグラフィカルユーザーインタフェース(GUI)がもたらす使いやすさ
  • Dockerのコンテナで動作するアプリケーションの構築・管理の支援
  • 人気の高い他のOSSをワンクリックでデプロイ(利用可能な状態にすること)するためのマーケットプレース

 次回以降は、残る5つのオープンソースPaaS製品を紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも...

news204.jpg

新卒の営業職が仕事をやりたくない時期、最多は「5月」 ―― RevComm調査
新卒営業社員は5月に最初の「壁」を感じるようです。

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...