2022年05月11日 10時15分 公開
特集/連載

「Windows 365」のクラウドPCを物理PCっぽくする4大機能とは?物理PCと融合し始めた「Windows 365」【後編】

「Windows 365」のクラウドPCに、物理PCと同様の使い勝手をもたらすために、Microsoftは機能拡充を進めている。どのような機能があるのか。主要な4つの機能の特徴を説明する。

[Mike Gleason,TechTarget]

 前編「Windows 11を人気OSにする“奥の手”が『Windows 365』だった?」は、DaaS(Desktop as a Service)の「Windows 365 Cloud PC」(Windows 365)が、「Windows 11」普及の鍵を握る理由を解説した。Microsoftは、Windows 365の仮想デスクトップ(クラウドPC)を物理PCのような使い勝手にするための機能を拡充させている。どのような機能がWindows 365に加わるのか。4つの機能を紹介しよう。

1.Windows 365 Offline

 「Windows 365 Offline」は、従業員がインターネットに接続していないときでもクラウドPCを利用できるようにする機能だ。必要なデータをローカル端末に保存するので、従業員はネットワークが不安定な場所でも仕事をこなせるようになる。ユーザー企業はWindows 365でセキュリティを維持しながら、テレワークを実施できるようになる。「Windows 365 OfflineはWindows 365とローカル端末のいいとこ取りをした機能だ」と、調査会社Forrester Researchのアナリスト、パディ・ハリントン氏は言う。

 「MicrosoftはWindows 365 Offlineにより、企業の仮想デスクトップ導入における最大の課題の一つに対処しようとしている」と、仮想デスクトップ管理サービスを手掛けるNerdioのバディム・ブラディミルスキーCEOは考察する。ネットワークが不安定な場所で仮想デスクトップを使うと、一般的にはユーザー体験が悪化する。「オフラインでも従業員が快適に作業できるようになれば、Windows 365の導入が進むと考えられる」とブラディミルスキー氏は主張する。用途の拡大や従業員の生産性向上につながるからだ。

2.Windows 365 Boot

 ユーザー企業の従業員同士が1台の物理PCを共有している場合は、物理PCからクラウドPCを直接起動できる機能「Windows 365 Boot」が便利だと、Microsoftは説明する。この機能によって従業員は、物理PCの電源を入れた後、「Windows」へのサインインを省略して、すぐにクラウドPCを利用できる。

3.Windows 365アプリ

 従業員は「Windows 365アプリ」を利用することで、Windows 11のタスクバーやスタートメニューから、クラウドPCを簡単に起動できるようになる。Windows 365アプリでWindows 365の設定やプロファイルをカスタマイズできる。IT管理者がカスタマイズ範囲を指定可能だ。Windows 365アプリはWindows 11に加えて、「Windows 10」にインストールすることもできる。

4.Windows 365 Switch

 Microsoftは「Windows 365 Switch」という機能で、クラウドPCとローカル端末のWindows 11を簡単に切り替えて利用できるようにする。この切り替えは、仮想デスクトップを切り替えるWindowsの機能「タスクビュー」(Task View)と同様にできる。マウスとキーボードコマンド、スワイプを使ってデスクトップを選択可能だ。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news076.jpg

メディア化する企業が勝つ時代の動画マーケティングはどうあるべきか
見込み客の興味についての理解を深化させ、イベントの価値を最大化し、人々の注目を獲得...

news114.jpg

B2B企業のSEO記事コンテンツ制作、「外注に失敗」の経験が8割超――EXIDEA調査
SEOのノウハウはもちろん重要ですが、記事制作を外注するに当たっては、自社や業界のこと...

news027.jpg

さようならiPod Appleへの20年の貢献度を振り返る
ポータブルミュージック40年の歴史とともに、その偉業を振り返ってみましょう。