2019年03月05日 05時00分 公開
特集/連載

注目すべきオープンソースのクラウド監視ツール5選利用シーンやメリットを比較

オープンソースのクラウド監視ツールは、ベンダーのネイティブオプションよりも多くのメリットをもたらす可能性がある。本稿で紹介する5つのツールを確認して、自社のクラウド戦略に最適なツールを見極めてほしい。

[Chris Tozzi,TechTarget]

関連キーワード

Amazon Web Services | Google | Microsoft Azure


画像

 オープンソースソフトウェアのエコシステムはより大きく、そしてより良いものへと成長してきている。クラウド監視ツールも例外ではない。2019年、クラウドアプリケーションを監視するオープンソースツールについては、幅広い選択肢が用意されるだろう。

 これは開発者や管理者にとっては朗報だ。Amazon Web Services(AWS)の「AWS」やMicrosoftの「Microsoft Azure」などのパブリッククラウドで利用できるネイティブな監視ツールは、クラウドアプリを適切に監視・管理するには不十分な場合があるためだ。特にマルチクラウド環境やプライベートクラウド環境では、機能が不足しているケースが少なくない。

 あまり知られていないツールから、開発者が既に把握、使用しているツールまで選択肢は幅広い。そこで本稿では、2019年に検討すべき5つのオープンソースクラウド監視ツールに目を向けたい。

Riemann

 「Riemann」は、分散型アプリケーションと分散型インフラを監視するための、シンプルなオープンソースソフトウェアだ。監視対象としてさまざまな種類のイベントを定義できるだけでなく、特定の種類のイベントが発生した際にアラートを発するような一連の動作も定義できる。イベントに関するアラートを電子メールやSlackで発信するよう設定することも可能だ。

 Riemannは、監視対象であるサービス全てについてインデックスを作成し、そのデータを視覚化するダッシュボードを提供する。オープンソースのデータ可視化ツール「Grafana」など、サードパーティー製の分析ツールとRiemannのデータを連携させられる。

 開発者によっては、Riemannのネイティブ機能セットが少し物足りないと感じるかもしれない。例えばダッシュボードのカスタマイズの余地はあまりない。これに関しては、カスタマイズ性が高い外部ツールにRiemannを統合させることで解決できる。

cAdvisor

ITmedia マーケティング新着記事

Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。

news019.jpg

人はなぜFacebookを離脱したくなるのか? プライバシー懸念を上回る理由
さまざまな懸念もよそに拡大する巨大SNS。一方でそこからログアウトする人々は何を思うの...

news117.jpg

化粧品の二次流通市場規模は推計1555億円――メルカリとアイスタイル調査
二次流通市場購入者の40.1%が、使ったことがない化粧品を試すための“トライアル消費”...