2023年06月20日 08時15分 公開
特集/連載

VMware HorizonとCitrix Virtual Apps and Desktopsを“コストとリスク”で比較VMwareとCitrixの「デスクトップ仮想化製品」を比較する【中編】

2大デスクトップ仮想化製品「VMware Horizon」「Citrix Virtual Apps and Desktops」。両製品をどのような観点で比較すればよいのか。ポイントになるのが「コスト」と「ベンダーロックインのリスク」だ。

[Chris TwiestTechTarget]

 仮想化市場の大手ベンダーであるVMwareとCitrix Systems(以下、Citrix)は、いずれも仮想デスクトップを運用するためのデスクトップ仮想化製品を提供している。VMwareの「VMware Horizon」、Citrixの「Citrix Virtual Apps and Desktops」がそれだ。両製品とも仮想デスクトップをエンドユーザーに配信するために必要な機能を搭載しており、どちらを選ぶべきかを判断するのは簡単ではない。選定のポイントを紹介しよう。

「コスト」を確認する

 価格は製品を選ぶときの重要な検討事項だ。VMware HorizonとCitrix Virtual Apps and Desktopsは共に、ライセンス体系や契約事項、割引プランが単純とは言えない。そのため見積もりが不可欠になる。例えばVMware Horizonはライセンスの種類によっては、サーバ仮想化製品群「vSphere」のライセンスを含む。ユーザー企業は、バンドル価格や割引率を比較して、最良の結果を引き出せるように交渉するとよい。

「ロックインのリスク」を確認する

 特定ベンダーに依存する「ベンダーロックイン」のリスクは、VMware Horizonの方が高いと考えられる。VMware Horizonは、ハイパーバイザーとしてVMwareの「ESXi」を利用することを前提にしているからだ。Citrix Virtual Apps and Desktopsは、Citrixの「Citrix Hypervisor」に加えて、Microsoftの「Hyper-V」やESXiなど、さまざまなベンダーのハイパーバイザーを使用できる。


 次回は、VMware HorizonとCitrix Virtual Apps and Desktopsの機能を比較する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news046.png

B2Bマーケティング支援のFLUED、国内のEC/D2C企業20万社のデータベース「StoreLeads」を提供開始
B2Bマーケティング・営業DXを支援するFLUEDは、カナダのLochside Softwareが提供するECサ...

news054.jpg

サブスク動画配信サービスの市場規模が5000億円超え 最もシェアを伸ばしたサービスは?――GEM Partners調査
定額制動画配信サービスの市場規模は2020年以降、堅調に拡大しています。ただし、成長率...

news044.jpg

ビルコム、PR効果測定ツール「PR Analyzer」に海外ニュースのクリッピング機能を追加
ビルコムは、クラウド型PR効果測定ツール「PR Analyzer」に新機能「海外メディアクリッピ...