2021年09月09日 05時00分 公開
特集/連載

セキュリティは万全か? デジタル技術を活用する前に考えておきたいことブランドを守るセキュリティ【前編】

デジタル技術の活用で顧客体験を高めようとする取り組みの裏には、ブランド毀損(きそん)につながるセキュリティリスクが潜む。企業はデジタル技術を活用する際、どうすればブランド価値を守れるのか。

[Vishal Salvi,TechTarget]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)によって、企業のビジネス活動が大きく変わった。企業はパンデミックが収束したとき、パンデミック前に戻るのか、コロナを教訓とした「ニューノーマル」(新常態)に切り替えるのか、ビジネス活動の形を模索している。デジタル技術の活用に関して言えば、前者の選択肢はない。企業はデータ分析に基づいてパーソナライズした顧客体験を目指し、デジタル技術を切り札に新しいビジネスを開拓しようとしている。

ブランド価値を失うリスク “特に危ない”業種は?

ITmedia マーケティング新着記事

news026.jpg

ティム・クック氏の給与明細 時価総額3兆ドル企業のCEOは平均的Apple社員の1447倍稼ぐ
巨大リンゴと姫リンゴ? 「apple to apple」とは言えない格差がさらに拡大中。

news093.jpg

2021年の炎上発生件数は1766件、前年対比24.8%増――「デジタル・クライシス白書2022」
2021年のデジタル・クライシス(ソーシャルメディアを中心としたネット上で発生した危機...

news029.jpg

若者のインスタ離れを食い止めるためにMetaが下した「古参ユーザー切り捨て」の決断
Metaの若者文化への主要な接点であるInstagramは現在、反撃を目指している。メタバースへ...