セキュリティは万全か? デジタル技術を活用する前に考えておきたいことブランドを守るセキュリティ【前編】

デジタル技術の活用で顧客体験を高めようとする取り組みの裏には、ブランド毀損(きそん)につながるセキュリティリスクが潜む。企業はデジタル技術を活用する際、どうすればブランド価値を守れるのか。

2021年09月09日 05時00分 公開
[Vishal SalviTechTarget]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)によって、企業のビジネス活動が大きく変わった。企業はパンデミックが収束したとき、パンデミック前に戻るのか、コロナを教訓とした「ニューノーマル」(新常態)に切り替えるのか、ビジネス活動の形を模索している。デジタル技術の活用に関して言えば、前者の選択肢はない。企業はデータ分析に基づいてパーソナライズした顧客体験を目指し、デジタル技術を切り札に新しいビジネスを開拓しようとしている。

ブランド価値を失うリスク “特に危ない”業種は?

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...

news058.jpg

Web広告施策に課題を感じている企業は9割以上――リンクアンドパートナーズ調査
企業のWeb広告施策を推進している担当者約500人を対象に、課題と今後の取り組みについて...

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...