2021年09月09日 05時00分 公開
特集/連載

変化に強いリーダーや社員は“あの事実”を理解している競争力を高める「スキルアップ」と「リスキリング」【第2回】

新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、企業を取り巻く状況は大きく変化した。変化に適応できる企業となるために必要な従業員教育とはどのようなものか。

[Pam Baker,TechTarget]

関連キーワード

人事


 第1回「『スキルアップ』『リスキリング』の違いは? スキルギャップを埋める人材開発手法」は、スキルギャップを埋めるために有効な施策として従業員のスキルを高める「スキルアップ」と、従業員に新たな「スキルセット」を身に着けてもらう「リスキリング」について説明した。第2回は、人材市場の変化に適応するための従業員教育について解説する。

人材市場の変化に適応するための従業員教育とは

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)がもたらした危機的状況により、企業のリーダーと従業員には前例のない機敏さが必要となった。何らかの方法で各自が現在の職務を構築し直すことを余儀なくされた。

 COVID-19の流行が収束傾向に転じたとしても、この機敏さが無駄になることはない。COVID-19対策として進んだIT活用は、今後企業のリーダーが新たな競争方法を模索する中で加速する可能性がある。IT活用を進めるときに重要なことは、従業員の未知なる可能性に期待することだ。

 プロジェクトマネジメントの専門家団体Project Management Instituteで最高執行責任者(COO)を務めるマイケル・デプリスコ氏は、COVID-19に対処するために企業や個人は既に機敏な考え方を導入し、柔軟な働き方を実践していると話す。

変化に負けないためにリーダーや社員が知るべき“あの事実”

ITmedia マーケティング新着記事

news084.jpg

2021年の国内動画広告市場は前年比142.3%の成長、コロナ禍の落ち込みから反転――サイバーエージェント調査
インターネットを通して配信される動画広告の年間広告出稿額推計とこれからの市場規模推...

news053.jpg

対Amazon包囲網も? ポストCookieにおけるCriteoの勝算
Criteoが3億8000万ドルでIPONWEBを買収する。サードパーティーCookie廃止はアドテク企業...