「スキルアップ」「リスキリング」の違いは? スキルギャップを埋める人材開発手法競争力を高める「スキルアップ」と「リスキリング」【第1回】

ビジネスの競争力を維持し、ポジティブな従業員エクスペリエンスを提供するには、継続的な成長を重視する学習文化を構築する必要がある。その手段となり得る人材開発手法「スキルアップ」と「リスキリング」とは。

2021年09月02日 05時00分 公開
[Pam BakerTechTarget]

関連キーワード

人事


 米国の人材市場は急速に加熱している。事業部門や人事部門のリーダーは、従業員のスキルを高める「スキルアップ」と、従業員に新たなスキルセットを身に着けてもらう「リスキリング」をするための施策を検討する必要に迫られている。

スキルギャップを埋める人材開発手法とは

ITmedia マーケティング新着記事

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...

news182.jpg

中小企業のマーケティングDX 取り組みが進まない理由は?
トライベックの2024年最新版「中小企業DX実態調査」の結果、さまざまな課題が浮き彫りに...