「スキルアップ」「リスキリング」の違いは? スキルギャップを埋める人材開発手法競争力を高める「スキルアップ」と「リスキリング」【第1回】

ビジネスの競争力を維持し、ポジティブな従業員エクスペリエンスを提供するには、継続的な成長を重視する学習文化を構築する必要がある。その手段となり得る人材開発手法「スキルアップ」と「リスキリング」とは。

2021年09月02日 05時00分 公開
[Pam BakerTechTarget]

関連キーワード

人事


 米国の人材市場は急速に加熱している。事業部門や人事部門のリーダーは、従業員のスキルを高める「スキルアップ」と、従業員に新たなスキルセットを身に着けてもらう「リスキリング」をするための施策を検討する必要に迫られている。

スキルギャップを埋める人材開発手法とは

ITmedia マーケティング新着記事

news080.jpg

DIORが本気で挑むラグジュアリー体験としてのAR
広告プラットフォームのTeadsがAR(拡張現実)とAI(人工知能)技術を応用したサービスを...

news057.jpg

AIに対して良い印象を持っている人は70%以上 理由は?
楽天インサイトが「AIに関する調査」結果を発表。AI(人工知能)のイメージや生活への関...

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...