2021年09月03日 05時00分 公開
特集/連載

コロナ禍による失業増で成長する“注目の人事職”とは?コロナと自動化がもたらす雇用問題【後編】

自動化技術の普及や失業者への給付金終了を背景に、米国では労働者の就業支援の必要性が高まっている。こうした状況は、人事担当者にとって成長の機会になる可能性があるという。どういうことなのか。

[Patrick Thibodeau,TechTarget]

関連キーワード

人事


 中編「コロナ禍による失業者に痛手 『失業手当上乗せ給付』終了問題とは」までの2回にわたり、米国マサチューセッツ州が公開した労働力に関する報告書「Preparing for the Future of Work in the Commonwealth of Massachusetts」を基に、同州が抱える雇用問題を説明した。米国では業務自動化による雇用の減少や、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連の失業手当の打ち切りにより、労働者の就業支援の機運が高まっている。

コロナ禍で成長する人事職とは? マサチューセッツ州が予測

ITmedia マーケティング新着記事

news055.jpg

カスタマーサクセスを成功(サクセス)させる「日本型テックタッチ」とは?
カスタマーサクセスにおいて、より多くの顧客に効率よく情報を届ける上で特に重要になる...

news081.jpg

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

news044.jpg

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...