コロナ禍による失業増で成長する“注目の人事職”とは?コロナと自動化がもたらす雇用問題【後編】

自動化技術の普及や失業者への給付金終了を背景に、米国では労働者の就業支援の必要性が高まっている。こうした状況は、人事担当者にとって成長の機会になる可能性があるという。どういうことなのか。

2021年09月03日 05時00分 公開
[Patrick ThibodeauTechTarget]

関連キーワード

人事


 中編「コロナ禍による失業者に痛手 『失業手当上乗せ給付』終了問題とは」までの2回にわたり、米国マサチューセッツ州が公開した労働力に関する報告書「Preparing for the Future of Work in the Commonwealth of Massachusetts」を基に、同州が抱える雇用問題を説明した。米国では業務自動化による雇用の減少や、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連の失業手当の打ち切りにより、労働者の就業支援の機運が高まっている。

コロナ禍で成長する人事職とは? マサチューセッツ州が予測

ITmedia マーケティング新着記事

news136.jpg

「Vポイント」「Ponta」と連携したCTV向けターゲティング広告配信と購買分析 マイクロアドが提供開始
マイクロアドは、VポイントおよびびPontaと連携したCTV向けのターゲティング広告配信を開...

news105.jpg

Netflixの広告付きプランが会員数34%増 成長ドライバーになるための次のステップは?
Netflixはストリーミング戦略を進化させる一方、2022年に広告付きプランを立ち上げた広告...

news094.png

夏休み予算は平均5万8561円 前年比微減の理由は?――インテージ調査
春闘での賃上げや定額減税実施にもかかわらず、2024年の夏休みは円安や物価高の影響で消...