2021年09月03日 05時00分 公開
特集/連載

コロナ禍による失業増で成長する“注目の人事職”とは?コロナと自動化がもたらす雇用問題【後編】

自動化技術の普及や失業者への給付金終了を背景に、米国では労働者の就業支援の必要性が高まっている。こうした状況は、人事担当者にとって成長の機会になる可能性があるという。どういうことなのか。

[Patrick Thibodeau,TechTarget]

関連キーワード

人事


 中編「コロナ禍による失業者に痛手 『失業手当上乗せ給付』終了問題とは」までの2回にわたり、米国マサチューセッツ州が公開した労働力に関する報告書「Preparing for the Future of Work in the Commonwealth of Massachusetts」を基に、同州が抱える雇用問題を説明した。米国では業務自動化による雇用の減少や、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連の失業手当の打ち切りにより、労働者の就業支援の機運が高まっている。

コロナ禍で成長する人事職とは? マサチューセッツ州が予測

ITmedia マーケティング新着記事

news103.jpg

HubSpotに聞く 顧客と自社の成長になぜ「文化」が重要か
企業文化は「第2の製品」。自らが求める価値と行動指針を「カルチャーコード」として定義...

news023.jpg

「6G」の特許出願レースは中国がリード、日本は追い付けるか?
2020年台後半には実用化が始まるといわれる6Gの技術。日本は世界で存在感を示せるでしょ...

news016.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年9月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。