2021年08月27日 05時00分 公開
特集/連載

コロナ禍による失業者に痛手 「失業手当上乗せ給付」終了問題とはコロナと自動化がもたらす雇用問題【中編】

コロナ禍により失業した労働者に対する、米国連邦政府の失業手当上乗せ給付が2021年9月に終了する。どのような影響があるのか。専門家に聞いた。

[Patrick Thibodeau,TechTarget]

関連キーワード

人事


 前編「『自動化』『AI』が数十万人の雇用を奪う? 米マサチューセッツ州調査」は、米国マサチューセッツ州が公開した労働力に関する報告書「Preparing for the Future of Work in the Commonwealth of Massachusetts」を基に、同州が抱える業務自動化による雇用減の問題を紹介した。同州が抱える雇用の問題は業務自動化だけではない。喫緊の課題は、米国連邦政府の失業手当上乗せ給付が2021年9月に終了することだ。この給付金は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により職を失った失業者に対して支払われる。

「失業手当上乗せ給付」終了問題の影響とは

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。

news162.jpg

テレビと広告とTwitterと人間の脳の関係について、いま分かっていること(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news029.jpg

P&Gが「ショッパー」のニーズを満たすために全社横断でやっていること
「LINE BIZ DAY BREAKOUT BRAND&DIRECT」で発表された事例の中から、P&Gが実施したデジタ...