2021年08月27日 05時00分 公開
特集/連載

コロナ禍による失業者に痛手 「失業手当上乗せ給付」終了問題とはコロナと自動化がもたらす雇用問題【中編】

コロナ禍により失業した労働者に対する、米国連邦政府の失業手当上乗せ給付が2021年9月に終了する。どのような影響があるのか。専門家に聞いた。

[Patrick Thibodeau,TechTarget]

関連キーワード

人事


 前編「『自動化』『AI』が数十万人の雇用を奪う? 米マサチューセッツ州調査」は、米国マサチューセッツ州が公開した労働力に関する報告書「Preparing for the Future of Work in the Commonwealth of Massachusetts」を基に、同州が抱える業務自動化による雇用減の問題を紹介した。同州が抱える雇用の問題は業務自動化だけではない。喫緊の課題は、米国連邦政府の失業手当上乗せ給付が2021年9月に終了することだ。この給付金は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により職を失った失業者に対して支払われる。

「失業手当上乗せ給付」終了問題の影響とは

ITmedia マーケティング新着記事

news212.jpg

面白い広告は記憶に残るが、ユーモアを活用できている企業は少ない――Oracle調査
ユーモアを取り入れたブランドは支持され、ロイヤルティーが高まり、顧客は再び購入した...

news054.jpg

マクドナルドvsバーガーキング ネット戦略がウマいのはどっち?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news118.jpg

マーケターなら知っておきたい「Googleが次に可能にすること」 Google I/O 2022で発表の新機能まとめ
「検索」「地図」「ショッピング」他、Googleが年次開発者会議「Google I/O 2022」で紹介...