2021年08月26日 05時00分 公開
特集/連載

「デジタルバッジ」市場は活況なのに人事部門が導入に消極的な理由「デジタルバッジ」基本の基【後編】

調査会社によると「デジタルバッジ」市場は成長を続けている。一方で人事部門は必ずしも導入に積極的ではないという。その背景には何があるのか。

[Mary K. Pratt,TechTarget]

関連キーワード

人事


 中編「『デジタルバッジ』の正しい使い方 『スキルギャップ』解消にも効果?」は、資格情報をデータ化、視覚化した「デジタルバッジ」の具体的な利用例を簡単に説明した。後編は調査結果や専門家の声を基に、デジタルバッジの市場動向を解説する。

 デジタルバッジ市場は大きな成長を見せている。インドの市場調査会社MarketsandMarkets Researchによると、デジタルバッジ市場は2018年には8330万ドルだったが、2023年には2億560万ドルに成長する見込みだ。一方で人事部門の担当者や企業の管理職の一部は、デジタルバッジについて懐疑的な見方を示す。

人事部門が「デジタルバッジ」に様子見の理由

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...