「ハイブリッドワーク」導入前に見直したいネットワークセキュリティ 5つのポイント急場しのぎのツールを使い続けていないか

テレワークとオフィスワークを組み合わせた勤務形態「ハイブリッドワーク」の導入が企業の間で広がりつつある。ハイブリッドワーク導入時に確認したいセキュリティ関係のポイントを5つ紹介する。

2021年08月24日 05時00分 公開
[Ashwin KrishnanTechTarget]

関連キーワード

在宅勤務


 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)の影響が収まり始めた米国では、さまざまな企業が「ハイブリッドワーク」の導入を進めている。ハイブリッドワークは、オフィスワークとテレワークを組み合わせた勤務形態のことだ。

 こうした背景から、安全なハイブリッドワーク環境を構築することが企業にとっての最重要課題になった。従業員がオフィスに戻りつつある状況で、ネットワークをしっかり保護するために確認したい5つのポイントを紹介する。

ポイント1.急場しのぎで使っていたツール類を評価し直す

ITmedia マーケティング新着記事

news065.jpg

アップルのiPad Pro炎上CMにサムスンが一撃 「クリエイティビティーはCrushできない」
Appleらしからぬマーケティングの失敗から数日後、Samsungは「Galaxy Tab S9」を訴求する...

news063.jpg

電話・スマホでのコミュニケーションは「通話」? 「テキスト」?
クロス・マーケティングが全国の20〜69歳男女を対象にした調査によると、電話やスマホで...

news061.png

商品のパッケージが変わると購入意欲につながる?
商品のパッケージデザインの一新が新規購入とその後のリピート購入にどの程度つながって...