2021年08月24日 05時00分 公開
特集/連載

「ハイブリッドワーク」導入前に見直したいネットワークセキュリティ 5つのポイント急場しのぎのツールを使い続けていないか

テレワークとオフィスワークを組み合わせた勤務形態「ハイブリッドワーク」の導入が企業の間で広がりつつある。ハイブリッドワーク導入時に確認したいセキュリティ関係のポイントを5つ紹介する。

[Ashwin Krishnan,TechTarget]

関連キーワード

在宅勤務


 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)の影響が収まり始めた米国では、さまざまな企業が「ハイブリッドワーク」の導入を進めている。ハイブリッドワークは、オフィスワークとテレワークを組み合わせた勤務形態のことだ。

 こうした背景から、安全なハイブリッドワーク環境を構築することが企業にとっての最重要課題になった。従業員がオフィスに戻りつつある状況で、ネットワークをしっかり保護するために確認したい5つのポイントを紹介する。

ポイント1.急場しのぎで使っていたツール類を評価し直す

ITmedia マーケティング新着記事

news040.jpg

TikTokは若者よりむしろ大人にこそ向いているかもしれないと考えられる理由
TikTok For Businessが「X世代白書〜理由が必要なX世代へ、架け橋を。〜」を発表。若者向...

news084.jpg

2021年の国内動画広告市場は前年比142.3%の成長、コロナ禍の落ち込みから反転――サイバーエージェント調査
インターネットを通して配信される動画広告の年間広告出稿額推計とこれからの市場規模推...

news053.jpg

対Amazon包囲網も? ポストCookieにおけるCriteoの勝算
Criteoが3億8000万ドルでIPONWEBを買収する。サードパーティーCookie廃止はアドテク企業...