2021年02月16日 05時00分 公開
特集/連載

ダイバーシティー&インクルージョン採用の勘所 多様な人材を引き付けるには?的外れにならないD&I採用戦略【中編】

ダイバーシティー&インクルージョン(D&I)の取り組みを進めるには、多様な人材を引き付けることが不可欠だ。どのようにすればうまくいくのか。ポイントを解説する。

[Keirsten Greggs,TechTarget]

関連キーワード

人事


 人材の多様性を広げ、それを受容する文化を形成する「ダイバーシティー&インクルージョン」(D&I)の取り組みにおいて、人材採用はその要となる。前編「人事担当なら知りたい『ダイバーシティー&インクルージョン』採用の第一歩とは 」は、D&Iを実現する人材採用(D&I採用)を成功させる上で役立つ4つの戦略のうち、人事責任者と採用担当者が信頼関係を築き直すことの重要性を説明した。本稿は、2つ目のD&I採用戦略を解説する。

戦略2.多様な属性を持つグループとの関係構築

 企業が多様な人材を引き付けようとするなら、企業と応募者との関係構築が不可欠だ。それが採用の基盤になる。人事責任者や採用担当者は多様な人材を引き付けるために、協力的かつ持続可能で、企業と応募者の双方にメリットをもたらす関係を効果的に築く必要がある。

ITmedia マーケティング新着記事

news089.png

中小企業のDX支援へ「HubSpot CRM」と「Eight 企業向けプレミアム」が機能連携
名刺情報をコンタクト情報と同期させることでユーザー企業は社員が個別に蓄積してきた名...

news065.jpg

「E-Waste」最新事情 国民一人当たりで最も多くの電子廃棄物を排出しているのは?
マーケターの頭の片隅を刺激するトピックをインフォグラフィックスで紹介。

news154.jpg

「不祥事によって購入・利用意向が下がる」 回答者の6割以上――ネオマーケティング調査
20〜69歳の男女1000人に聞いた、広報のリスク管理に関する調査の結果です。