2021年02月19日 05時00分 公開
特集/連載

「AI」は人材採用にどう役立つのか? 「スキル・能力採用」の有効性は?コロナ禍の人材採用7大トレンド【後編】

新しい技術は、企業の人材採用の在り方をどう変えるのか。人事部門の間で活用が進む「AI」技術と、スキルや能力を基にした人材採用の可能性を探る。

[Luke Marson,TechTarget]

関連キーワード

人事


 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が猛威を振るう中、企業の人材採用に新たなトレンドが生まれている。2021年の採用戦略に大きな影響を与える7つのトレンドのうち、前編「『Web面接』『応募者 エクスペリエンス』とは? 人材採用の必修キーワード」、中編「ダイバーシティー、非正規雇用、アナリティクス――採用の今を知るキーワード」は「多様性と包括性」「非正規雇用」「アナリティクス」といったトレンドを解説した。後編に当たる本稿は、残る2つのトレンドを紹介する。

トレンド6.AI技術

 現在、人材採用システムで急速に成長している分野はAI(人工知能)技術だ。人材採用においてAI技術は概して、人材発掘・特定のより良い方法を見つけるために使われる。人材採用システムや求人情報サイト、チャットbotなど、AI技術の用途は多岐にわたる。AI技術は、候補者の選定および採用において偏見を取り除くためにも使用される。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、...

news036.jpg

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には組織としての共通点がある。それは具体的にどのようなものだろ...

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...