“Heroku代替”として無料で使える「CapRover」「Fly.io」とは?Herokuの「代替PaaS」を比較【第5回】

Salesforceが「Heroku」の無償プランを廃止したことにより、これまで無償プランを使っていたHerokuユーザーは、代替手段を検討しなければならなくなった。選択肢となり得るのが「CapRover」「Fly.io」だ。

2023年07月14日 08時15分 公開
[Stephen J. BigelowTechTarget]

 SalesforceはPaaS(Platform as a Service)群「Heroku」の一部サービスで、無償プランを提供していた。同社がこれらの無償プランを廃止した今、これまで無償プランを利用してきたHerokuユーザーは、ある決断を下さなければならない。利用していたHerokuサービスの有償プランを契約するか、同等の機能を持つ別のPaaSに移行するかだ。後者を選ぶHerokuユーザーに向けて、候補を紹介しよう。

Heroku代替候補2.CapRover

 「CapRover」はクラウドサービスではなく、PaaSを構築するためのオープンソースソフトウェア(OSS)だ。Webサーバの管理システムを中核とする。「Python」「PHP」「Ruby」などのプログラミング言語で書かれたWebアプリケーションのサーバや、「WordPress」といったコンテンツ管理システム(CMS)で構築したWebサイトのサーバを、数回のクリックでデプロイ(配備)できる。

 CapRoverはコンテナオーケストレーションツールの「Docker」やWebサーバの「nginx」、SSL証明書認証局の「Let's Encrypt」、リソースモニタリングツールの「Netdata」といった、さまざまなOSSを基にしている。CapRoverそのものもOSSであり、無償で利用可能だ。

Heroku代替候補3.Fly.io

 Fly.ioの同名PaaSは、アプリケーションサーバをできるだけエンドユーザーの近くに配置し、より低遅延なアプリケーションを提供する。Amazon Web Services(AWS)が開発した「Firecracker」という仮想マシンモニター(VMM:仮想マシンの作成や管理を担うシステム)をベースにしている。

 完全従量課金プランである「Hobby」を含む全プランで、最小構成(ストレージ256MB)の仮想マシン最大3つ、ストレージ3GB、アウトバウンド(外部への)データ転送160GBまでを無償で提供している。Hobbyを除くFly.ioの有償プランでは、メールサポートが付いた月額29ドルの「Launch」が最エントリープランだ。


 第6回はRed HatのPaaS構築ソフトウェア「Red Hat OpenShift」の特徴を説明する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...