CFOとの連携強化を目指すCIOなら習得して損はない「ビジネスの共通言語」とはIT投資成功の鍵はCIOとCFOの関係にあり【後編】

CIOが「CFOとの連携強化」を課題に感じているなら、習得すべき知識とスキルは何か。調査レポートを基に考察する。

2022年03月17日 05時00分 公開
[Mary K. PrattTechTarget]

関連キーワード

CIO


 本連載は、前編「CIOとCFOの良好な関係がIT投資の成功を左右する理由」と中編「こんなCIOはCFOに見限られる 両者の関係が『緊張状態』になる理由」を通して、最高情報責任者(CIO)と最高財務責任者(CFO)の関係がIT投資の成否を分ける理由と、両者の関係が抱える課題を解説した。後編となる本稿はCIOとCFOの関係を強化する方法を探る。

CFOとの連携を深めるために、CIOにできることは

 ビジネスにおけるIT活用やデジタルトランスフォーメーション(DX)への関心を共有しているためか、CIOとCFOが助け合う場面は珍しくなくなっている。このような共通の関心事を生かすことで、両者はより強固な関係を築くことができる。

 企業向けソフトウェアのサードパーティーサポートを提供するRimini Streetが2021年4月に発表した調査レポート「Global CFO Survey」(注1)によると、80%のCFOが取り組みを優先する上位5項目の1つにDXを挙げた。71%のCFOは「IT投資が自社の成功にとって重要だ」と考えている。77%のCFOは「新たなDXプロジェクトが大きな利益をもたらす見通しが明らかなら、CIOが資金調達方法を見つけられるよう支援する」と答えている。

※注1:年間収益が2億ドル以上の企業のCFOまたは財務の専門家を対象に実施。調査対象者は世界13カ国の1500人以上。

 CIOとCFOの協力体制があれば、「会社の利益を最大化するIT投資はどれか」という議論をさらに深めることができる。

 「CIOとCFOは腰を据えて対話できるようにするべきだ」と経営およびITコンサルティング会社West Monroe Partnersのアドバイザリーアンドトランスフォーメーションマネージングパートナー、マルク・タノビッツ氏は言う。「それができれば、ビジネスは最高の可能性を発揮できる」(タノビッツ氏)

 コンサルティング会社Deloitteで米国CIOプログラムのリサーチリーダーを務めるハリード・カーク氏は「デジタル時代における企業の成功には、CIOとCFOの連携が不可欠だ」と話す。

 「CIOが資金調達や戦略的投資について正しく理解できなければ、単なる“IT管理者”と見なされることになる」とカーク氏は言う。「CIOがIT投資によってもたらされる価値について考え、戦略的に立ち回るためには、CFOを理解して協力する必要がある」(同氏)

 カーク氏は、CIOとCFOの連携を強化する鍵はコミュニケーションだと考えている。コミュニケーションにより、企業がたどる道筋や事業目的、必要なIT投資に関する考えを調整できると同氏は話す。その意見に、DeloitteのグローバルCIOプログラムのリサーチディレクターを務めるアジト・カンビル氏も同意する。「まだ構想の段階であっても、CFOとIT投資について話し合うべきだ。早めにCFOに関わってもらうことは、チャンスとリスクの理解につながる」(カンビル氏)

 「事業価値の実現とそれを証明する指標の開発にCIOが注力できるように、CFOにもIT投資プロジェクトに共同参加してもらうべきだ」と、カーク氏とカンビル氏は述べる。CIOはCFOと協力することで、デジタル時代におけるITの価値を今まで以上にうまく測定する新しい指標(顧客エンゲージメントや市場投入のスピードなど)を開発できる。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

「伊右衛門」「日清麺職人」「鍋キューブ」に見る2024年上半期食品・飲料トレンドは「うま濃い余韻」
食品メーカーの商品開発やマーケティング支援などを行う味香り戦略研究所は、2024年の食...

news076.jpg

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

news068.jpg

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...