AWS、GCP、Azure、Facebookで「クラウド障害」相次ぐ どう備えるべきか?クラウド障害に備えるには【前編】

クラウドサービスは企業にとってもはや不可欠のインフラだ。クラウドサービスの障害は大変な事態を招く可能性がある。どうすればいいのか。チップスを集めた。

2022年08月18日 05時00分 公開
[Dave ShacklefordTechTarget]

 業種や規模を問わず、企業がクラウドサービスを利用する動きが広がった。クラウドサービス利用にはさまざまな利点がある一方、クラウドサービスで障害が発生した際はビジネスへの悪影響が出るリスクもある。企業はビジネス継続を図るために、クラウドサービスの障害にどう備えればいいのか。大手クラウドベンダー4社のクラウドサービスで発生した障害と、その影響を見てみよう。

AWS、GCP、Azure、Facebook「クラウド障害」の中身

Amazon Web Services(AWS)

 2021年の11月と12月、AWSの同名クラウドサービス群で合計3件の大きな障害が発生した。これらにより、ビジネスチャットツール「Slack」を提供するSlack Technologiesや、ゲーム開発のEpic Gamesといった企業のオンラインサービスが長時間、利用できなくなった。3件の中には、5時間以上続いた障害もあった。AWSは原因について、運用管理が自動化されている同社システムで「予期しない問題」が発生したと説明している。

Google

 2021年2月、Googleの人工知能(AI)技術搭載のバーチャルアシスタント「Google Assistant」が使えなくなる障害が生じた。Googleによれば、原因は一部のユーザーを対象にした実験によるものだった。2021年11月には、ネットワーク構成のエラーのため、クラウドサービス「Google Cloud Platform」(GCP)で約2時間にわたる障害が発生。Snapの写真共有アプリケーション「Snapchat」や、Spotify Technologyの音楽ストリーミングサービス「Spotify」、The Home Depotの住宅関連サービスなどが利用不可になった。

Microsoft

 2021年10月、Microsoftのクラウドサービス「Microsoft Azure」で6時間にわたる障害が起き、仮想マシン(VM)サービスに問題が発生した。Microsoftによると、VMのクエリ(データの問い合わせ)でエラーが起きたことが原因だった。ここ数年、オフィススイート「Microsoft 365」でも数回の障害が発生している。例えば、下記だ。

  • 2021年4月:メールサーバ「Exchange Server」のクラウドサービス版である「Exchange Online」で障害が発生し、メールの配信に影響が出た。
  • 2020年9月:Exchange Onlineの他、ドキュメント管理ツール「Microsoft SharePoint」やコラボレーションツール「Microsoft Teams」など、Microsoft 365の機能がほぼ完全に停止した。

Meta Platforms

 2021年10月、Meta Platforms(旧Facebook)の「Facebook」「Instagram」「Facebook Messenger」「WhatsApp」といった各種サービスが約6時間にわたって停止した。Meta Platformsはルーティング(経路制御)の構成を変えたことが原因だと説明している。業界専門家はMeta Platformsの「Border Gateway Protocol」(BGP:経路情報を交換するためのルーティングプロトコル)構成の大規模な変更が一連の障害を引き起こしたとみる。


 中編は、クラウドサービスの障害が企業に及ぼす影響を整理する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news028.jpg

これからのマーケティングに関する8つの予言(無料eBook)
激動するトレンドを正しく理解することはマーケティングで成功するための第一歩。今回の...

news109.jpg

フォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」のEFO(エントリーフォーム最適化)機能が正式版に
nocoはフォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」において、β版として提供して...

news068.png

広報活動がうまくいっている企業はどのくらいある?――オズマピーアール調査
国内企業の広報担当者200人を対象に、企業広報活動の実態を調査しました。