2022年07月21日 09時00分 公開
特集/連載

いまさら聞けない「クラウドサービス」の価値 少しだけでも試すべき理由コロナ禍のIT活用促進術【第4回】

新型コロナウイルス感染症によって社会と企業文化が大きく変化する中、「クラウドサービス」がどのような価値をもたらすのか。あらためて検証する。

[Carolyn Heinze,TechTarget]

関連キーワード

CIO


 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)がもたらした「ニューノーマル」(新しい生活様式)の世界で、企業がITの導入効果を引き出すためには何をすればよいのか。主要な5つの取り組みのうち、4つ目を紹介する。

4.あらためて「クラウドサービス」の価値を知る

 経営幹部がクラウドサービスに対して感じる心理的な抵抗は、年々薄れつつある。ニューノーマルの世界において、クラウドサービスを活用して業務効率を高める取り組みは、企業にとって魅力的だ。

 「クラウドサービスを利用すれば、企業は中核業務の競争力向上に集中できる」。コンサルティング会社Deloitte Consultingのマネージングディレクター兼最高経営責任者(CEO)であるマイク・ベクテル氏は、こう話す。

 ベクテル氏は高級ホテルチェーンを例にとって、クラウドサービスの効果を説明する。ある高級ホテルチェーンが「行き届いたサービス体験」を武器に、他企業と競争をしているとする。その場合、予約機能をクラウドサービスに移行し、インフラの運用やアプリケーション開発の負担を軽減すれば、ホテルの従業員は価値の高い顧客サービスにもっと時間を割くことができる。

 クラウドサービスを活用すれば、大企業もベンチャー企業のように迅速に動けるようになる可能性があると、ベクテル氏は考えている。最高技術責任者(CIO)がデジタルトランスフォーメーション(DX)に注目する中、少なくとも一部の業務機能をクラウドサービスに移行することは有力な選択肢となる。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

「ペプシチャレンジ」で煽られて焦ったコカ・コーラの“痛恨のやらかし”とは?
長年の間「コーラ戦争」を続けてきたCoca-ColaとPepsi。マーケティング施策でも切磋琢磨...

news149.jpg

デジタル化する顧客体験に関する消費者と企業の認識ギャップ――ナイスジャパン調査
問い合わせの初動としてインターネットやFAQ検索をする人が約8割。デジタルチャネルによ...

news042.jpg

気象データは近未来のデータ 予測に基づき「役に立つ」広告を届ける
気象データを活用することでどのような広告コミュニケーションが可能になるのか。海外の...