システム障害を招かないための「データセンターOS移行」4つのステップデータセンターOS移行の成功法【後編】

データセンターでのOS移行は、下手をすると想定外のシステム停止を招く恐れがある。OS移行をスムーズに進めるには、企業はどうすればいいのか。失敗しないためのステップをまとめた。

2022年07月20日 08時15分 公開
[Jacob RoundyTechTarget]

 データセンターのスケーラビリティ(拡張性)を高めるためには、定期的にサーバのOSを移行することが重要だ。OS移行はメリットが大きい半面、システム停止につながりかねない落とし穴もあり、企業は慎重に行動する必要がある。

 企業がデータセンターでのOS移行を成功させるには、以下のステップを踏むことが有効だ。

1.発生する作業の洗い出し

 データセンターのシステムのどの部分がOSを使ったり、OSの影響を受けたりしているのかを精査すれば、OS移行に際してどのような作業が発生するのかを事前に把握できる。データセンターは24時間365日、稼働し続けなければならない。OS移行時はシステム稼働への影響を最小限に抑えることが重要だ。作業の洗い出しはサーバ、ストレージ、ネットワーク、アプリケーションなど、システム全体を網羅する必要がある。それを踏まえ、各作業に優先順位を付けて計画的に行動しよう。

2.プロジェクト管理計画の作成

 OS移行の過程において、いつ、何をすべきかを明確にした計画を立てることが大切だ。OS移行の作業者は簡単な部分から着手し、複雑な部分を分かりやすいプロセスに分解して取り組むことで、トラブル発生のリスクが下がる。しっかりしたプロジェクト管理計画の作成は、システム停止を避けるために不可欠だ。

3.実行フェーズの開始

 作業開始後は

  • 新しいOSのバージョンが正しいかどうか
  • 最新のアップグレードが実施されているかどうか
  • セキュリティのパッチ(修正プログラム)が適用されているかどうか

といった項目を確認しなければならない。ここで確認を怠ると、攻撃につながりかねない脆弱(ぜいじゃく)性ができる可能性があるため、じっくり時間をかけて確認をしよう。他にもアプリケーションのテストを繰り返したり、サーバやデータベースへのアクセスをチェックしたりすることが重要だ。

4.調整と最適化

 全てのテストが終了し、新しいOSが稼働した後も、OSを定期的にレビューするとともに、アプリケーションの最適な動作方法を考える必要がある。こうした慎重な調整は、新しいOSが処理速度や応答速度といったサーバのパフォーマンスを引き出すための鍵を握っている。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news076.jpg

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

news068.jpg

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...