「Windows 11が妙に遅いのはマルウェアのせい?」と思ったら試す無料純正ツール「Windows 11」パフォーマンス問題解消法【第2回】

「Windows 11」パフォーマンス低下の原因に、PCのマルウェア感染がある。どうすれば、マルウェア感染を確認できるのか。MicrosoftがWindows 11ユーザー向けに無償提供するマルウェア検出ツールを紹介する。

2023年03月31日 10時00分 公開
[Ed TittelTechTarget]

 MicrosoftのクライアントOS「Windows 11」で、データ処理速度の低下といったパフォーマンス問題が発生した際は、どうすればよいのか。Windows 11のパフォーマンス改善を図る「5つのステップ」のうち、2つ目のステップを紹介する。

2.マルウェア感染を疑って“無料の純正ツール”を試す

 Windows 11パフォーマンス問題の主要な原因として、PCのマルウェア感染が挙げられる。パフォーマンス問題の発生を認識したら、まずはマルウェア感染の確認をしよう。

 マルウェア感染の有無を確認するには、Microsoftやセキュリティベンダーのマルウェア検出ツールを使い、その結果を見るのが手っ取り早い。MicrosoftがWindows 11ユーザー向けに無償で提供するマルウェア検出ツールのうち、特に下記はパフォーマンス問題が発生している際に役立つ。

  • Microsoftセーフティスキャナー(Microsoft Safety Scanner)
    • Microsoftが無償で提供する。ダウンロードから10日で利用期限が切れるので、最新版をダウンロードする必要がある
  • Windows悪意のあるソフトウェアの削除ツール(MSRT:Windows Malicious Software Removal Tool)
    • MicrosoftがWindowsの更新プログラムの一部として、毎月無償で提供する
  • Microsoft Defenderオフライン(Microsoft Defender Offline)
    • Windows 11の標準マルウェア対策ツール「Microsoft Defenderウイルス対策」(Microsoft Defender Antivirus)の機能。OSを起動せず、オフラインでスキャンの実行ができる

 これらのマルウェア検出ツールを使ってマルウェアを発見した場合、その駆除を検討し、実行する必要がある。ほとんどの場合、マルウェアの駆除でパフォーマンス問題も解決する。マルウェア駆除についてプロの力を借りたい場合は、セキュリティベンダーに相談するとよい。


 第3回は、3つ目のステップを紹介する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news136.png

ジェンダーレス消費の実態 男性向けメイクアップ需要が伸長
男性の間で美容に関する意識が高まりを見せています。カタリナ マーケティング ジャパン...

news098.jpg

イーロン・マスク氏がユーザーに問いかけた「Vine復活」は良いアイデアか?
イーロン・マスク氏は自身のXアカウントで、ショート動画サービス「Vine」を復活させるべ...

news048.jpg

ドコモとサイバーエージェントの共同出資会社がCookie非依存のターゲティング広告配信手法を開発
Prism Partnerは、NTTドコモが提供するファーストパーティデータの活用により、ドコモオ...