「リモートデスクトップでWebカメラが使えない」を招く“あの設定”とは?リモートデスクトップでWebカメラが使えないときの対処法【第4回】

Windowsの「リモートデスクトップ」でWebカメラが使えないときは、リモートデスクトップに関する設定に問題がある可能性がある。どのような設定が影響するのか。設定変更時の注意点とは。

2023年03月30日 08時15分 公開
[Jo HarderTechTarget]

 ローカルデバイスで別のデバイスのデスクトップを操作する「リモートデスクトップ」は、MicrosoftのクライアントOS「Windows」の主要な機能だ。リモートデスクトップでWebカメラが利用できない場合、何をすればよいのか。トラブルシューティングの手順のうち、4つ目を紹介する。

4.リモートデスクトップの設定を確認する

 リモートデスクトップでWebカメラが利用できなくなったときは、「リモートデスクトップ接続」や、サードパーティーのリモートデスクトップソフトウェアの設定を調べるとよい。リモートデスクトップ接続は、リモートデスクトップを使うための標準クライアントアプリケーションだ。

 ビデオ再生やオーディオ、周辺機器のリダイレクトに関するグループポリシーの設定が原因で、エンドユーザーがWebカメラを適切に利用できないことがある。IT管理者は、Webカメラ関連の設定を注意深く監視しなければならない。

 サードパーティーのデスクトップ仮想化ソフトウェアを使用している場合、IT部門はさらに詳細な追加設定ができる。こうした追加設定により、Webカメラに加えてUSBやBluetoothといった接続方法が意図せずに無効化されたり、設定変更が起きたりする可能性がある。

 リモートデスクトップのトラブルシューティング中に設定を変更する場合や、リモートデスクトップの接続先サーバに1回限りの変更を加える場合、IT管理者は細心の注意を払う必要がある。IT管理者がリモートデスクトップに関する「グループポリシー」(エンドユーザーやデバイスごとの設定を一元管理する仕組み)の設定に一時的な変更を加えたときは、すぐに元に戻すようにする。それが不可能な場合、IT管理者は元の設定を適用した、新しいリモートデスクトップの接続先サーバを用意する。


 次回は5つ目の手順を紹介する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。