Appleが発表した“量子時代”の暗号化技術「PQ3」は何がすごいのか?Appleの“ポスト量子暗号化”技術とは【後編】

Appleが、量子コンピューティングを使った攻撃対策として打ち出した暗号化技術「PQ3」は、どれほどの防御力を持っているのか。セキュリティ専門家に聞いた。

2024年04月04日 08時30分 公開
[Alexander CulafiTechTarget]

関連キーワード

Apple | サイバー攻撃 | 暗号化


 2024年2月、Appleが同社インスタントメッセンジャー「iMessage」の新しい暗号化技術として発表した「PQ3」。量子コンピューティング(量子力学を用いて複雑なデータ処理を実施する技術)を悪用して暗号化されたデータを解読する攻撃からデータを守るための暗号化技術だ。この“Apple肝いり”の新暗号化技術は他の暗号化技術とは何が違うのか。

「PQ3」は暗号化技術として何がすごいのか

 Apple によると、PQ3はiMessageのデータが侵害されるのを防ぐ機能を備えている。「PQ3ではメッセージの送信に当たり、定期的に新しい暗号鍵を作成する。新しい暗号鍵は過去の暗号鍵とは一切関係がない。そのため、攻撃者が過去の暗号鍵を入手してもメッセージの解読はできない」と同社は説明する。Appleによれば、これはPQ3特有の機能だ。

 定期的に新しい暗号鍵を作成する機能は、Apple側のインフラで処理しなければならないデータ量の増加をもたらす。同社は実際にやりとりされるメッセージのデータ量を見て新しい暗号鍵の作成頻度を決めるという。

 Appleは「iOS 17.4」(iPhone)「iPadOS 17.4」(iPad)「macOS Sonoma 14.4」(mac)「watchOS 10.4」(Apple Watch)からPQ3の機能を有効にすると発表している。2024年中に、全ての対象デバイスでPQ3が使えるようになるという。

 オープンソースソフトウェア(OSS)セキュリティ団体OpenSSF(Open Source Security Foundation)のゼネラルマネジャー、オムカール・アラサラトナム氏は、「PQ3は量子コンピューティングを悪用した攻撃対策に向けた大きな前進だ」と説明する。暗号鍵を狙い暗号化されたデータの解読に対して強固な防御を提供すると同氏はみている。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。