2021年07月13日 05時00分 公開
特集/連載

セルフサービスツールの「不適切なインフラ」「時代遅れの情報」をどうなくすか「セルフサービスツール」を改善する方法【中編】

製品購入を促す手段となり得る「セルフサービスツール」を改善しようとした場合、重視すべき点は幾つかある。それは何なのか。「インフラ」と「情報」という2つの側面から改善策を探る。

[Robin Gareiss,TechTarget]

関連キーワード

顧客満足


 前編「企業が『セルフサービスツール』を改善したくなる4つの原動力とは」は、企業が「セルフサービスツール」を改善するための方法を1つ紹介した。本稿はさらに2つの方法を紹介する。セルフサービスツールは、製品購入の検討に役立つ情報を顧客自身で得られるようにするツールのことだ。

方法2.利用状況を見極め、必要なインフラを用意する

ITmedia マーケティング新着記事

news022.jpg

「サイト内検索」ツール(有償版) 国内売れ筋TOP10(2021年7月)
サイト内検索(サイトサーチ)ツールは検索窓から自社サイト内のコンテンツを正確に、効...

news139.jpg

SNSの利用時間は77.8分、Instagram利用率は50%超え――Glossom調査
スマートフォンでの情報収集に関する定点調査。スマートフォンの利用時間は順調に増加し...

news061.jpg

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...