セルフサービスツールの「不適切なインフラ」「時代遅れの情報」をどうなくすか「セルフサービスツール」を改善する方法【中編】

製品購入を促す手段となり得る「セルフサービスツール」を改善しようとした場合、重視すべき点は幾つかある。それは何なのか。「インフラ」と「情報」という2つの側面から改善策を探る。

2021年07月13日 05時00分 公開
[Robin GareissTechTarget]

関連キーワード

顧客満足


 前編「企業が『セルフサービスツール』を改善したくなる4つの原動力とは」は、企業が「セルフサービスツール」を改善するための方法を1つ紹介した。本稿はさらに2つの方法を紹介する。セルフサービスツールは、製品購入の検討に役立つ情報を顧客自身で得られるようにするツールのことだ。

方法2.利用状況を見極め、必要なインフラを用意する

ITmedia マーケティング新着記事

news028.jpg

これからのマーケティングに関する8つの予言(無料eBook)
激動するトレンドを正しく理解することはマーケティングで成功するための第一歩。今回の...

news109.jpg

フォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」のEFO(エントリーフォーム最適化)機能が正式版に
nocoはフォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」において、β版として提供して...

news068.png

広報活動がうまくいっている企業はどのくらいある?――オズマピーアール調査
国内企業の広報担当者200人を対象に、企業広報活動の実態を調査しました。