iPhoneのバッテリーが急に切れるのはAppleじゃなく「マルウェア」のせい?iPhoneをマルウェアから守る方法【第4回】

「iPhone」「iPad」といったApple製モバイルデバイスのマルウェア感染を早期に確認するには、さまざまな方法がある。その具体例とは何なのか。

2023年08月02日 09時15分 公開
[Michael GoadTechTarget]

関連キーワード

iPhone | Apple | セキュリティ


 スマートフォン「iPhone」やタブレット「iPad」といったApple製モバイルデバイスがマルウェアに感染すると、さまざまな「異常な動き」が発生することがある。こうした事態に気付いたら、早急に対策を講じることが必要だ。Apple製モバイルデバイスのマルウェア感染の具体的な兆候とは何か。

兆候4.バッテリーの異常な消耗

 マルウェアはエンドユーザーが知らないうちに、感染したApple製モバイルデバイスの電力を消費する。そのためバッテリーが著しく消耗する可能性がある。バッテリーの消耗がいつもより早い場合は、不審なソフトウェアが動作していないかどうかを確認しよう。

兆候5.予期しない通知

 見覚えのない発信元やアプリケーションから、唐突に通知が届いた場合は、Apple製モバイルデバイスがマルウェアに感染している可能性がある。マルウェアは、悪質なメッセージをポップアップの通知として表示する場合がある。通知関連で異変が生じたら、マルウェア感染の可能性を考えるとよい。

兆候6.異常な動作

 マルウェア感染によってApple製モバイルデバイスが異常な動作をすることがある。Apple製デバイスが突然、再起動やシャットダウンをしたり、アプリケーションのクラッシュ(表示トラブル)やフリーズが発生したりした場合は要注意だ。


 第5回は、マルウェアに対抗するための方法を紹介する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Web広告施策に課題を感じている企業は9割以上――リンクアンドパートナーズ調査
企業のWeb広告施策を推進している担当者約500人を対象に、課題と今後の取り組みについて...

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...

news145.jpg

3D空間メディアのマーケティング効果を測る新指標「ブランドイマーシブタイム」とは?
電通と電通グループ、電通デジタルは、3D空間メディアが与えるマーケティング効果を測る...