iPhoneに“謎のアプリ”が? Apple製品「マルウェア感染」の兆候はこれだiPhoneをマルウェアから守る方法【第3回】

「iPhone」「iPad」といったApple製モバイルデバイスを攻撃の被害から守るには、攻撃されたことをいち早く把握することが重要だ。マルウェア感染を見極めるための“症状”とは何か。具体的に見てみよう。

2023年07月26日 09時15分 公開
[Michael GoadTechTarget]

関連キーワード

iPhone | Apple | セキュリティ


 スマートフォン「iPhone」やタブレット「iPad」といったApple製モバイルデバイスは、他社製モバイルデバイスよりもセキュリティが高いと考えられている。それでもApple製モバイルデバイスが攻撃を受け、マルウェアに感染することはある。

 モバイルデバイスがマルウェアに感染すると、業務停止や情報流出といった、さまざまな問題につながる。マルウェア感染をいち早く把握して、対策を講じることが重要だ。Apple製モバイルデバイスにおける、マルウェア感染の兆候を紹介しよう。

兆候1.見慣れないアプリの存在

 マルウェア感染の兆候として、見慣れないアプリケーションの存在が挙げられる。攻撃者はマルウェアを介してApple製モバイルデバイスに侵入した後、データを盗んだり、アカウントを乗っ取ったりする。インストールした覚えのないアプリケーションを見掛けたら、マルウェアに感染している可能性がある。

兆候2.見慣れないメッセージの送受信

 攻撃者がソーシャルエンジニアリング(人間の心理を巧みに利用して機密情報を入手すること)によって、Appleのオンラインストレージサービス「iCloud」やインスタントメッセンジャー「iMessage」の認証情報を取得すれば、テキストメッセージの送受信が可能になる。エンドユーザーのApple製デバイスが、見慣れないメッセージを送受信していることに気付いたら、IT管理者はメッセージの発信元を確認するとともに、デバイスがマルウェアに感染しているかどうかを調査することが重要だ。

兆候3.過剰なデータ使用

 データ使用量が異常に多いことは、マルウェア感染の兆候になる。特に攻撃用サーバであるコマンド&コントロールサーバ(C&Cサーバ)に情報を送り返すマルウェアは、データ使用量が大きくなりやすい。過剰なデータ使用量に気付いたら、IT管理者はApple製モバイルデバイスに不審なプログラムがインストールされていないかどうかを確認しよう。モバイルデバイス管理(MDM)ツールの中には、データ使用量を監視してIT管理者に報告するものがある。


 第4回は引き続き、Apple製モバイルデバイスのマルウェア感染の兆候を紹介する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news106.jpg

GartnerのCMO調査の結果が示唆する低予算時代のマーケターが生きる道
Gartnerが欧米のマーケティング意思決定者395人を対象に実施したCMO支出調査の結果です。

news011.png

「ECプラットフォーム」売れ筋TOP10(2024年5月)
今週は、ECプラットフォーム製品(ECサイト構築ツール)の国内売れ筋TOP10を紹介します。

news186.jpg

Webマーケティングの調査分析ツール「Keywordmap」の記事本文自動作成が「GPT-4o」に対応
集客戦略やサービス改善のための調査分析ツール「Keywordmap」の記事本文自動生成がOpenA...