「50万円のApple Vision Pro」誰が買う? Apple信奉者だけじゃなさそうな理由「Apple Vision Pro」はAR/VR市場の起爆剤になるか【前編】

Appleのヘッドマウントディスプレイ「Apple Vision Pro」の登場に伴い、Apple Vision Proをビジネスで生かすための取り組みが活発化するのではないかと専門家は分析する。Apple Vision Proの可能性とは。

2023年07月30日 07時30分 公開
[Patrick ThibodeauTechTarget]

 米国での価格が3499ドル(約49万3800円)もする、Appleのヘッドマウントディスプレイ(HMD)「Apple Vision Pro」に魅力を感じるのは、お金に余裕のある“Apple信奉者”のコンシューマーだけではない。Apple Vision Proは、むしろビジネスでの活用が進むのではないかとの見方がある。どのような用途が考えられるのか。

AppleファンじゃなくてもApple Vision Proを買いたくなる“まさかの用途”

写真 写真 Apple Vision Pro(出典:Appleのプレスリリース)

 目の動きや手のジェスチャー、音声で操作可能なハンズフリーのHMDであるApple Vision Proは、新たなコンテンツの可能性をもたらす。Strivr Labsをはじめ、拡張現実(AR)技術や仮想現実(VR)技術を使った企業向けの研修用教材を開発している企業は、Apple Vision Proを使った教材開発を視野に入れ始めた。

 独立系のHR(人事)アナリストであるジョシュ・バーシン氏はApple Vision Proについて、日常業務を継続的にオンラインで支援する「パフォーマンスサポートシステム」の開発に役立つとみる。「HMD市場にAppleが参入することで、AR/VR技術を使った研修に対する信頼と関心が大幅に上がる」とバーシン氏は主張する。

 「Apple Vision Proの登場によって、AR/VR技術を活用した研修用教材の開発に対する世間の関心が、2倍にも、3倍にもなる」。バーシン氏はApple Vision Proのインパクトをこうみる。


 次回は、Apple Vision Proの企業利用を阻む問題を整理する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

ニップンと刀が協業 マーケティングノウハウで成熟市場を拡大へ
ニップンと刀は「ニップン × 刀 協業発表会」を開催し、協業を通じた両社の取り組みとそ...

news197.png

広告運用自動化ツール「Shirofune」がMicrosoft広告の改善機能を実装
Shirofuneは広告運用自動化ツール「Shirofune」に改善カード機能を追加。これにより、キ...

news192.jpg

インテージ、「YouTube Select」「YouTube Shorts」における態度変容調査を提供開始
広告効果測定サービス「Brand Impact Scope」をバージョンアップし、サンプルサイズと計...