無線LANなら「Wi-Fi 6」(IEEE 802.11ax)を使うべき“これだけの根拠”「無線ネットワーク」を生かし切る【第2回】

有線LANから無線LANへの置き換えを進める際に、検討対象になり得るのが「Wi-Fi 6」準拠のネットワーク製品だ。Wi-Fi 6にこだわるべき理由は幾つかある。Wi-Fi 6の主な利点と懸念を整理しよう。

2023年08月02日 09時15分 公開
[John BurkeTechTarget]

 オフィスにおけるLANの主流は、有線LANから無線LANに変化しつつある。こうした中、無線LANを構築するためのネットワーク製品の中で、無線LAN規格「IEEE 802.11ax」(Wi-Fi 6)に準拠した製品が充実し始めている。Wi-Fi 6準拠製品によって無線LANを構築することに、どのような意味があるのか。

無線LANなら「Wi-Fi 6」(IEEE 802.11ax)を選ぶべきなのはなぜ?

併せて読みたいお薦め記事

連載:「無線ネットワーク」を生かし切る

オフィスネットワークを無線化するヒント


 無線LANは技術進化により、企業が共有オフィス機器(従業員が共同で利用する機器)に求める機能や、従業員の要求を満たすようになった。共有オフィス機器の例としては複合機やインタラクティブホワイトボード(IWB)などがある。

 企業が無線LANに期待しているのは、広い到達範囲や高いデバイス密度の実現、同時接続数の向上といった、オフィスにおけるさまざまな課題の解決だ。Wi-Fi 6は、こうした課題解決に必要な機能をそろえている。Wi-Fi 6の主な特徴を以下に挙げる。

  • 「MU-MIMO」(マルチユーザーMIMO)の採用
    • MU-MIMOは、複数のエンドユーザーが同時にデータを送受信できるようにする無線通信技術。1台の無線LANアクセスポイント(AP)が、複数のクライアントデバイスと同時に通信できるようにする。MIMOはMultiple Input, Multiple Outputの略。
  • 「OFDMA」(直交周波数分割多重接続)の採用
    • OFDMAは、APが1つのチャネル(データ送受信用の周波数帯)で複数のクライアントデバイスと通信できるようにする。APがチャネルを複数の狭い周波数帯(サブキャリア)に分割して、クライアントデバイスごとにサブキャリアを割り当てる。
  • 2.4GHz帯での通信
    • 2.4GHz帯の周波数帯は、無線LAN規格「IEEE 802.11ac」(Wi-Fi 5)が採用する5GHz帯よりも「低消費電力」「長距離通信」「高干渉耐性」といったニーズを満たしやすい。

 次回は、企業がWi-Fi 6準拠の無線LANを構築する際の課題を取り上げる。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...