無線LANを「W-Fi 6」(IEEE 802.11ax)にするのが“意外と難しい”のはなぜ?「無線ネットワーク」を生かし切る【第3回】

無線LANを「Wi-Fi 5」準拠から「Wi-Fi 6」準拠に変更するのは、決して簡単ではない。Wi-Fi 6への切り替えを検討する際には、何に注意すべきなのか。

2023年08月05日 09時15分 公開
[John BurkeTechTarget]

 企業がオフィスに構築するLANは、かつては有線LANが主流だった。技術が進化を遂げ、エンドユーザーのニーズが変化する中で、有線LANの立場を奪いつつあるのが無線LANだ。無線LAN規格「IEEE 802.11ac」(Wi-Fi 5)準拠の無線LANを使ってきた企業が、次世代規格「IEEE 802.11ax」(Wi-Fi 6)準拠の無線LANに切り替える際は、幾つかの課題を解決しなければならない。どのような課題があるのか。

「Wi-Fi 6」(IEEE 802.11ax)移行が決して楽じゃないのはなぜ?

 企業がWi-Fi 6準拠の無線LANを構築する上で、大きな障害がある。それはクライアントデバイスと無線LANアクセスポイントの両方を、Wi-Fi 6準拠にする必要があることだ。

 Wi-Fi 5に準拠した無線LANの一般的な構築ガイドラインは、AP1台当たりクライアントデバイス約30台が接続することを想定している。これは800〜1600平方フィート(約75〜約150平方メートル)当たりにAP1台が必要になる数字だ。

 企業がWi-Fi 6に準拠した無線LANを構築する場合、AP1台当たり50〜60台のノートPCおよびモバイルデバイスに加え、IoT(モノのインターネット)デバイスが接続することを想定しなければならない。これは2000〜3000平方フィート(約185〜約280平方メートル)当たりにAP1台が必要になる数字だ。もちろんAPによって必要な台数は大きく異なる。

 無線LANの設計時には、空間の物理的性質を考慮しなければならない。具体的には以下を考慮する必要がある。

  • オフィスのサイズ
  • オフィスの形状
  • オフィスの建材
  • オフィスに配置している家具
  • オフィスの周辺環境
  • エンドユーザーのニーズ
  • エンドユーザーの無線LAN利用パターン

 次回は、無線LANを安全に使うための手段を紹介する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

矢野経済研究所「2024年版 デジタルコンテンツ市場動向調査」を実施
矢野経済研究所は、国内のデジタルコンテンツ市場を調査し、市場概況や主要企業動向を明...

news100.jpg

Salesforceの「Einstein Copilot」は他社のAIアシスタントと何が違うのか?
Salesforceが対話型AIアシスタント「Einstein Copilot(β版)」を日本市場で提供開始し...

news029.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年6月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。