macOS使いが「マルチディスプレイ」のリモートデスクトップでWindowsを使う方法「リモートデスクトップ」でマルチディスプレイを使う方法【第3回】

ローカル端末のOSが「macOS」や「IGEL OS」の場合でも、「リモートデスクトップ」でマルチディスプレイが利用できる。何をすれば、これらのOSでリモートデスクトップ時のマルチディスプレイを有効化できるのか。

2023年05月16日 08時15分 公開
[Chris TwiestTechTarget]

 複数のディスプレイに画面を表示させる「マルチディスプレイ」(マルチモニターとも)は、MicrosoftのOS「Windows」の標準機能である「リモートデスクトップ」(ローカル端末で別のWindows端末の画面を操作する機能)でも利用可能だ。ローカル端末のOSとしてWindowsではなく、Appleの「macOS」やIGEL Technologyの「IGEL OS」を利用する場合でも、リモートデスクトップでマルチディスプレイを有効化できる。その方法とは。

「macOS」でリモートデスクトップ時のマルチディスプレイを有効化する

 ローカル端末のOSがmacOSの場合、マルチディスプレイでリモートデスクトップを利用にする方法は主に2つある。

1.RDPファイルを編集する

 1つ目は、ローカル端末のOSがWindowsの場合と同じように、テキストエディタでリモートデスクトップの設定ファイルである「RDPファイル」(拡張子が「rdp」のファイル)を編集する方法だ。macOSでもWindowsと同様に、RDPファイル内のマルチディスプレイの設定は「use multimon:i:値」という項目で変更できる。値が1の場合はマルチディスプレイが有効、0の場合は無効だ。

2.Microsoft Remote Desktopの設定を変更する

 2つ目は、MicrosoftがmacOS用に提供するリモートデスクトップ用クライアントアプリケーション「Microsoft Remote Desktop」を利用し、その設定を変更する方法だ。Microsoft Remote Desktopを起動させ、設定画面を開く。その中に「Use all monitors」(全てのディスプレイを使用する)を有効にするためのチェックボックスがあるので、そこにチェックを入れる。

「IGEL OS」でリモートデスクトップ時のマルチディスプレイを有効化する

 仮想デスクトップの利用を想定したシンクライアントOSであるIGEL OSで、リモートデスクトップのマルチディスプレイを有効にする方法を説明する。IGEL OSはリモートデスクトップ関連の設定をまとめた「RDP」の設定画面に、「True Multimonitor support」という設定項目がある。この設定項目を有効にすると、IGEL OSでのリモートデスクトップでマルチディスプレイを利用できるようになる。


 次回は、ローカル端末に接続した複数のディスプレイのうち、選択したディスプレイのみをリモートデスクトップで使えるようにする方法を説明する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news029.jpg

「痩せる」投稿が最も増える時期は?――ホットリンクとXがダイエットに関する口コミや検索行動を共同調査
ホットリンクはXと共同で、ダイエットに関するXでの口コミや検索行動を調査しました。

news101.jpg

郵送業務を電子化する理由 3位「テレワークへの対応」、2位「業務の迅速化・省力化」で1位は?――リンクス調査
キャンペーンのお知らせや新商品の紹介のダイレクトメールなど、個人宛てに送付する郵便...

news172.png

WACULが「AIアナリストSEO」を大幅刷新 コンテンツ作成×外部対策×内部対策×CVR改善をワンストップで支援
月額30万円でAI技術を活用したコンテンツ制作、約4万サイトの支援データ、熟練コンサルタ...