2023年05月09日 08時15分 公開
特集/連載

Windows機のマルチディスプレイを「リモートデスクトップ」で使う3つの方法「リモートデスクトップ」でマルチディスプレイを使う方法【第2回】

「リモートデスクトップ」はマルチディスプレイで利用できる。ただし、そのためには設定が必要だ。ローカル端末のOSが「Windows」の場合に、リモートデスクトップでマルチディスプレイを有効にする方法は3つある。

[Chris TwiestTechTarget]

 MicrosoftのOS「Windows」が備える「リモートデスクトップ」は、ローカル端末で別のWindows端末の画面を操作する機能だ。リモートデスクトップでは、複数のディスプレイに画面を表示させる「マルチディスプレイ」(マルチモニターとも)を利用できる。

「Windows」でリモートデスクトップ時のマルチディスプレイを有効化する

 ローカル端末のOSがWindowsの場合、リモートデスクトップ用クライアントアプリケーションとして、Windows標準の「リモートデスクトップ接続」を利用することが一般的だ。リモートデスクトップ接続は、デフォルトではマルチディスプレイが有効になっていない。マルチディスプレイを使えるようにするには、以下に示す3つの方法のいずれかを採用するとよい。

1.マルチディスプレイが有効な状態でリモートデスクトップ接続を開く

 1つ目は、マルチディスプレイを有効化した状態でリモートデスクトップ接続を開く方法だ。Windowsのタスクバーにある検索アイコンをクリックし、「mstsc /multimon」と入力して「Enter」キーを押す。するとマルチディスプレイの設定がオンになった状態で、リモートデスクトップ接続が起動する。接続先端末のアドレスを入力して接続すると、リモートデスクトップ接続はローカル端末に接続した全てのディスプレイを、自動的に接続先端末に接続する。

2.リモートデスクトップ接続の設定を変更する

 2つ目は、Windowsの「スタート」メニューから通常の方法でリモートデスクトップ接続を起動させ、マルチディスプレイの設定を有効化する方法だ。リモートデスクトップ接続が起動したら、「オプションの表示」ボタンを押して「画面」タブを開き、「画面の設定」欄にある「リモートセッションですべてのディスプレイを使用する」のチェックボックスをオンにする(画面1)。

画面 画面1 リモートデスクトップ接続で「リモートセッションですべてのディスプレイを使用する」のチェックボックスをオンにした例《クリックで拡大》

3.RDPファイルを編集する

 3つ目は、リモートデスクトップの設定ファイルである「RDPファイル」(拡張子が「rdp」のファイル)を使用する方法だ。この方法は他の方法より、高度な作業が必要になる。

 リモートデスクトップ接続では、「全般」タブにある「接続設定」欄で、リモートデスクトップの接続設定を保存できる。接続設定欄にある「保存」または「名前を付けて保存」ボタンを押すと、その時点での接続設定をRDPファイルとして保存可能だ。

 保存したRDPファイルは「メモ帳」などのテキストエディタで編集できる。RDPファイルをテキストエディタで開いたら、複数のオプション機能の設定を変更可能だ(画面2)。マルチディスプレイの設定は、「use multimon:i:値」という設定項目で変更できる。値が1の場合はマルチディスプレイが有効であることを意味し、0の場合は無効であることを意味する。

画面 画面2 メモ帳で表示したRDPファイルの例。マルチディスプレイの設定など、さまざまな設定項目がある《クリックで拡大》

 次回は、ローカル端末のOSがAppleの「macOS」やIGEL Technologyの「IGEL OS」の場合に、リモートデスクトップでマルチディスプレイを有効にする方法を説明する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news067.jpg

Xにおける「バレンタイン」を含む言及数は過去4年間で最多だがUGC数は最少 どういうこと?
ホットリンクは、X(旧Twitter)に投稿されたバレンタインに関するUGCについて調査しまし...

news061.jpg

Expedia幹部が語る旅行体験向上のためのAI活用とグローバルブランド戦略
Expediaは、日本での18周年を記念してブランドを刷新した。テクノロジーへの投資を強化し...

news046.png

B2Bマーケティング支援のFLUED、国内のEC/D2C企業20万社のデータベース「StoreLeads」を提供開始
B2Bマーケティング・営業DXを支援するFLUEDは、カナダのLochside Softwareが提供するECサ...