「マウスは生きているのにリモートデスクトップで使えない」原因の賢い見分け方リモートデスクトップでマウスが動かない場合の対処法【第3回】

マウスに問題がないにもかかわらず、リモートデスクトップでマウスが使えなくなったとき、原因として次に考えられるのは何なのか。問題を見分ける方法とは。

2023年05月11日 08時15分 公開
[Brien PoseyTechTarget]

 MicrosoftのクライアントOS「Windows」搭載のローカルPCで、別のPCやサーバを操作可能にする機能「リモートデスクトップ」。その利用中にマウスが利用できないという苦情がエンドユーザーから寄せられたら、IT管理者はトラブルシューティングをする必要がある。具体的には何をすればよいのか。トラブルシューティングの4つのステップのうち、2つ目を説明する。

2.「マウス以外」を疑う

 マウスそのものに問題がないことが分かった後に、IT管理者が確認すべきなのが、エンドユーザーのアカウントの問題だ。別のアカウントを使用してクライアントデバイスにログインするよう、エンドユーザーに依頼してテストするとよい。一時的に新規アカウントを作成するのも手だ。該当のエンドユーザーが同じオフィスにいる場合は、別のクライアントデバイスを使って、自身のアカウントでログインしてもらう。

 エンドユーザーが、他のアカウントや別のクライアントデバイスで、マウスが正しく動作することを確認できた場合を考えよう。その後にエンドユーザーが自身のアカウントで、別のクライアントデバイスにログインしたときにマウスの問題が発生する場合、問題はアカウントに関連していると考えてよい。

 自身のクライアントデバイスに、エンドユーザーが複数のアカウントでログインしたときに、これらのアカウント全てでマウスの問題が発生する場合は、クライアントデバイスに問題の原因があると考えられる。その場合、Windows標準の「リモートデスクトップ接続」といったリモートデスクトップのクライアントアプリケーションが原因となっている可能性がある。


 第4回は、3つ目のステップを説明する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...

news182.jpg

中小企業のマーケティングDX 取り組みが進まない理由は?
トライベックの2024年最新版「中小企業DX実態調査」の結果、さまざまな課題が浮き彫りに...