リモートデスクトップでマウスが使えないときに“真っ先にやること”はこれだリモートデスクトップでマウスが動かない場合の対処法【第1回】

リモートデスクトップでマウスがうまく利用できないとき、IT管理者はどう対処すべきなのか。基本的な手順と考え方を説明する。

2023年04月20日 10時00分 公開
[Brien PoseyTechTarget]

 ローカルPCでは動作するマウスが、「リモートデスクトップ」で動作しないときがある。MicrosoftのクライアントOS「Windows」が備えるリモートデスクトップは、ローカルPCで別のPCやサーバを操作可能にする機能だ。

 リモートデスクトップでマウスが使用できない場合でも、キーボードの複数キーを組み合わせる「ショートカットキー」を駆使すれば、OSやアプリケーションの操作はできる。ただし全てのエンドユーザーが、必要なショートカットキーを知っているわけではない。

 IT管理者は、エンドユーザーの生産性を確保するために、リモートデスクトップの利用中に発生したマウスの問題を迅速に解決する必要がある。具体的には、どうすればよいのか。

マウスのトラブルシューティング「基本中の基本」はこれだ

 トラブルシューティングの最も基本的な方法は、どの機能が動作し、どの機能が動作しないかを特定するために、簡単なテストをすることだ。問題の原因として考えられる要素を取り除くことで、起こっている事態を把握できるようになる。

 例えばコンピュータの電源が入らない場合は、コンピュータの電源を交換する前に、コンピュータの電源が接続されていることや、電源タップの電源がオンになっていることを確認するはずだ。別の電源コードを試すことも考えられる。

 簡単なテストを通して、単純な原因から解消する――。こうした基本的な考え方は、リモートデスクトップでマウスが使えなくなったときのトラブルシューティングにも当てはまる。最初に問題の原因として考えられる要素を、ある程度排除してから、より複雑なトラブルシューティングのステップに進む。


 第2回以降は、トラブルシューティングのステップを詳しく説明する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...