無料で使える、“IE専用サイト”がEdgeで開ける「IEモード」とは?「IEモード」を使いこなすには【第1回】

「Internet Explorer」(IE)のサポートが終了しても、世の中にはIEでの利用を前提としたWebサイトが残っている。これらを利用する手段が「Edge」で使える「IEモード」だ。IEモードでは何ができ、何ができないのか。

2023年05月04日 10時00分 公開
[Robert SheldonTechTarget]

 MicrosoftのWebブラウザ「Microsoft Edge」は「Internet Explorerモード」(IEモード)を搭載する。IEモードは、同社のWebブラウザ「Internet Explorer」(IE)での利用を前提としたWebサイトを、Edgeで直接利用できるようにする。Edgeユーザーなら無償で使えるIEモードとは、どのような機能なのか。“普通のIE”とは少し違う、IEモードの基本的な特徴を整理しよう。

そもそも「IEモード」とは 使える機能と使えない機能は?

 2020年1月、MicrosoftはオープンソースWebブラウザ「Chromium」を基本のソースコードに採用した、Edgeの新バージョンを提供開始。2022年6月には、IEの最後のバージョンである「Internet Explorer 11」のサポートを終了した。それでもEdgeでは適切に動作しない、IEでの利用を前提としたWebサイトは、まだ存在する。それらをEdgeで利用するには、IEモードを利用するとよい。

 Edgeの中核を成すChromiumは、GoogleのWebブラウザ「Chrome」のベースにもなっている。Chromiumは、Webサイト表示の高速性と安定性を求めるエンドユーザーからの支持を集めているものの、IE前提のWebサイトの利用には適していない。IEモードはInternet Explorer 11向けに開発されたレンダリング(描画)エンジン「Trident」(MSHTML)に切り替え、IE前提のWebサイトを適切に利用できるようにする。

 エンドユーザーはIEモードを使ってWebサイトを開くと、Webページ内のリンクやフォーム、スクリプトなどを、通常のEdgeと同様に利用できる。ただしアドレスバーに別のURLを入力すると、そのURLが指すWebページでIEモードが有効ではない場合、Chromiumモードに戻る。IEモードの有効化は、IT管理者が全社レベルで実施することも、従業員が個人で実施することも可能だ。

 IEモードでは、エンドユーザーはEdgeの各拡張機能に加えて、IEが備える幾つかの機能が使える。代表例を以下に示す。

  • ActiveXコントロール
    • Webブラウザで動的コンテンツを動作させる機能。
  • ブラウザーヘルパーオブジェクト(BHO)
    • Webブラウザ起動時に自動実行する拡張機能。
  • ドキュメントモード
    • 「Internet Explorer 8」(IE 8)よりも前のバージョンのIEをエミュレーションする動作モード。
  • エンタープライズモード
    • IE 8または「Internet Explorer 7」(IE 7)をエミュレーションする動作モード。
  • セキュリティゾーン
    • Webサイトをセキュリティレベルに応じて分類した「ゾーン」ごとに、異なるセキュリティ設定を適用する機能。
  • IE用の開発者ツール(IEChooser)

 ただし以下のIE機能は、IEモードでは使えない。

  • IEのツールバー
  • 「ナビゲーションメニュー」を制御するIEの設定
    • ナビゲーションメニューは、規定の検索エンジンや起動時に開くWebサイトといった設定のことを指す。
  • Edge用の開発者ツール

 Microsoftは2023年2月に提供したIE向けのパッチ(修正プログラム)で、IEを無効化した。企業はこのパッチを適用しても、IEモードを使えば、引き続きIE前提のWebサイトを利用できる。


 次回は、IEモードを有効にする方法を説明する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

「伊右衛門」「日清麺職人」「鍋キューブ」に見る2024年上半期食品・飲料トレンドは「うま濃い余韻」
食品メーカーの商品開発やマーケティング支援などを行う味香り戦略研究所は、2024年の食...

news076.jpg

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

news068.jpg

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...