Windows 11の絶望的な「勝手に再起動」問題が起きたら“まずやること”はこれだ「Windows 11が再起動を繰り返す」問題の対処法【第2回】

PCが再起動を繰り返す問題が、「Windows 11」搭載PCで発生することがある。問題が起こってしまった場合、何をすればよいのか。トラブルシューティングをスムーズに進める上で、最低限知っておくべき知識を整理する。

2023年04月30日 12時15分 公開
[Robert SheldonTechTarget]

 PCのクライアントOSを、Microsoftの「Windows 10」から「Windows 11」に苦労してアップグレードした後に、対処すべき問題が発生することがある。その代表例が、Windows 11搭載PCが再起動を繰り返す問題だ。作業途中のファイルが失われることがあるなど、突然の再起動問題がWindows 11ユーザーに及ぼす影響は、決して小さくない。

Windows 11の再起動問題が起こったらまず“これ”をすべし

 Windows 11搭載PCが再起動を繰り返す原因は、幾つも存在する。問題解決のために打つべき手もさまざまだ。再起動問題の解決策を検討する際、まずはPCを3つの視点で確認するとよい。その視点とは、

  • ソフトウェア
  • ハードウェア
  • システム設定

の3つだ。これらの視点でPCを確認することで、例えば更新プログラム適用の一時停止、ローカルドライブの交換、エンドユーザーやデバイスごとの設定を一元管理する「グループポリシー」の設定変更といった解決策のうち、最善策が何なのかを判断しやすくなる。

 遠隔地にいるエンドユーザーと共同で問題に対処する場合でも、対象のWindows 11搭載PCを直接操作して対処する場合でも、問題解決を担うIT管理者が事前に把握すべきことがある。後述するWindows 11の「セーフモード」を利用する方法がそれだ。再起動問題により、PCを正常に起動できない場合、セーフモードが特に重要になる。

 セーフモードは、機能を限定してWindows 11を起動させることで、トラブルシューティングを支援する機能だ。セーフモードでは、利用可能なファイルやドライバ、サービス、機能を限定した、基本的な状態のWindows 11が実行できる。Windows 11搭載PCで発生している問題の原因を切り分けたり、絞り込んだりする上で、セーフモードが役立つ。

 IT管理者がセーフモードで実行できるタスクは限られている。Windows 11搭載PCの再起動問題の原因に関係するタスクでは、ドライバの更新や削除、アプリケーションのアンインストール、マルウェアのスキャンなどが実行可能だ。


 次回は、3つの視点のうちソフトウェアに焦点を当てて、Windows 11搭載PCの再起動問題に対処する具体的な方法を解説する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...