2021年04月12日 05時00分 公開
特集/連載

「ERP」の要件分析から巻き込むべき“4人のキーパーソン”とは?失敗しない「ERP」導入のポイント

自社に適したERPシステムを選定・導入するには、しかるべき利害関係者を巻き込むことが重要だ。誰を巻き込めばよいのか。

[Eric St-Jean,TechTarget]

関連キーワード

ERP


 「ERP(統合業務)システム」の導入プロジェクトを成功させるためには、プロジェクトマネジャーやプロジェクトリーダーは主な利害関係者を早い段階でプロジェクトに巻き込むことが重要だ。まず新しいERPシステムの要件について、主な利害関係者の意見を取り入れることが必要になる。

 プロジェクトマネジャーやプロジェクトリーダーはさまざまな事情から、この作業を先送りにしたいと考えがちだ。そうした感情を抑え込み、主要な利害関係者を要件分析の段階で巻き込むようにしてほしい。要件分析には技術要件だけでなく、コストや契約、プロジェクトのスケジュールなど技術以外の要件についての分析も含まれる。

ERP要件分析で巻き込むべき利害関係者

 では誰をERPシステム導入プロジェクトに巻き込めばいいのか。要件分析段階で関与してもらうべきなのは、次の利害関係者だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。