2021年04月12日 05時00分 公開
特集/連載

「ERP」の要件分析から巻き込むべき“4人のキーパーソン”とは?失敗しない「ERP」導入のポイント

自社に適したERPシステムを選定・導入するには、しかるべき利害関係者を巻き込むことが重要だ。誰を巻き込めばよいのか。

[Eric St-Jean,TechTarget]

関連キーワード

ERP


 「ERP(統合業務)システム」の導入プロジェクトを成功させるためには、プロジェクトマネジャーやプロジェクトリーダーは主な利害関係者を早い段階でプロジェクトに巻き込むことが重要だ。まず新しいERPシステムの要件について、主な利害関係者の意見を取り入れることが必要になる。

 プロジェクトマネジャーやプロジェクトリーダーはさまざまな事情から、この作業を先送りにしたいと考えがちだ。そうした感情を抑え込み、主要な利害関係者を要件分析の段階で巻き込むようにしてほしい。要件分析には技術要件だけでなく、コストや契約、プロジェクトのスケジュールなど技術以外の要件についての分析も含まれる。

ERP要件分析で巻き込むべき利害関係者

 では誰をERPシステム導入プロジェクトに巻き込めばいいのか。要件分析段階で関与してもらうべきなのは、次の利害関係者だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...