「法律に違反しないデータ収集」なら何をしても許されるのか?データの倫理的活用を考える【第2回】

個人情報などのデータを収集する上でコンプライアンスは間違いなく重要だ。だが法律に違反しないデータ収集であれば問題は一切ないのか。データ保護やデータプライバシーをコンプライアンスと倫理の両面で考える。

2021年03月22日 05時00分 公開
[Maria KorolovTechTarget]

関連キーワード

プライバシー | 個人情報保護


 第1回「『取れるデータは根こそぎ取る』はなぜ駄目か? 『倫理的データ収集』の重要性」は、個人情報などのデータを取得できる限り残さず取得するという企業の慣例が含む倫理的な問題を紹介した。第2回となる本稿は、データ保護やデータプライバシーに関するコンプライアンスについて説明する。

法律に違反しなければ何をしてもよいのか?

ITmedia マーケティング新着記事

news136.png

ジェンダーレス消費の実態 男性向けメイクアップ需要が伸長
男性の間で美容に関する意識が高まりを見せています。カタリナ マーケティング ジャパン...

news098.jpg

イーロン・マスク氏がユーザーに問いかけた「Vine復活」は良いアイデアか?
イーロン・マスク氏は自身のXアカウントで、ショート動画サービス「Vine」を復活させるべ...

news048.jpg

ドコモとサイバーエージェントの共同出資会社がCookie非依存のターゲティング広告配信手法を開発
Prism Partnerは、NTTドコモが提供するファーストパーティデータの活用により、ドコモオ...