2021年03月22日 05時00分 公開
特集/連載

「法律に違反しないデータ収集」なら何をしても許されるのか?データの倫理的活用を考える【第2回】

個人情報などのデータを収集する上でコンプライアンスは間違いなく重要だ。だが法律に違反しないデータ収集であれば問題は一切ないのか。データ保護やデータプライバシーをコンプライアンスと倫理の両面で考える。

[Maria Korolov,TechTarget]

関連キーワード

プライバシー | 個人情報保護


 第1回「『取れるデータは根こそぎ取る』はなぜ駄目か? 『倫理的データ収集』の重要性」は、個人情報などのデータを取得できる限り残さず取得するという企業の慣例が含む倫理的な問題を紹介した。第2回となる本稿は、データ保護やデータプライバシーに関するコンプライアンスについて説明する。

 「一般データ保護規則」(GDPR)を定める欧州連合(EU)や「カリフォルニア州消費者保護法」(CCPA:California Consumer Privacy Act)を定める米国カリフォルニア州は、データ保護やデータプライバシーに関する法令違反を起こした企業に直接制裁金を科す。法令違反がデータ侵害につながれば、企業にはさらに対処のためのコストが生じる。

法律に違反しなければ何をしてもよいのか?

ITmedia マーケティング新着記事

news202.jpg

AI活用、6割超の企業はPoC(概念実証)止まり――Accenture調査
「わが社でもAI活用を」と考えている企業は多いようですが、実際はどこまで進んでいるの...

news152.jpg

「ナイキ」と「アディダス」 ブランド対決の歴史をさくっと振り返る
ナイキとアディダスは60年以上にわたってしのぎを削り、スポーツマーケティングやスポー...

news013.jpg

営業の「あるある課題」に挑むインサイドセールス3つの機能
売り上げ1000億円以上のエンタープライズクラスの企業に向けてもインサイドセールスは効...