2021年05月12日 05時00分 公開
特集/連載

「ベンダーエクスペリエンス」なぜ重要? ベンダーと本気で付き合うための視点「VRM」(ベンダー関係管理)実践のヒント【中編】

IT製品の調達先であるベンダーは、自社との取引でどのような体験をしているのか――。こうした「ベンダーエクスペリエンス」を知ることが、VRM実践の第一歩として重要だという。それはなぜなのか。

[Alan R. Earls,TechTarget]

関連キーワード

ベンダー


 前編「ITベンダーは『敵』ではなく『仲間』だと考えるべし」は、企業がIT製品の調達先ベンダーとの関係を改善する「ベンダー関係管理」(VRM)を実践する上での7つのヒントのうち「ベンダーを分類する」「ベンダーをビジネスパートナーとして扱う」という2つのヒントを紹介した。本稿は、残るヒントのうち3つを紹介する。

ヒント3.「ベンダーエクスペリエンス」を検証する

ITmedia マーケティング新着記事

news165.jpg

クラウドサーカスがNFTの企画支援サービスを提供開始
キャラクター系、アパレル、化粧品メーカー、飲食・外食など自社ブランドやIPを有する企...

news151.jpg

Twitterが「ブランドいいね」を正式提供
日本、米国、英国、サウジアラビアで「いいね」ボタンのアニメーションカスタマイズ機能 ...

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。