トヨタの自動車製造を遅らせる――トヨタ紡織を脅したサプライチェーンBECとはビジネスメール詐欺の実例から学ぶ教訓【第1回】

ビジネスメール詐欺(BEC)の攻撃パターンの中に、サプライチェーンを狙うものがある。トヨタ紡織が被害を受けたBECがまさにそれだ。攻撃者はトヨタ紡織にどのようなBECを仕掛けたのか。他の企業が得られる教訓は。

2021年04月16日 05時00分 公開
[Katie DoneganTechTarget]

 ビジネスメール詐欺(BEC)には歴史がある。当初の手口は、攻撃者が疎遠になっていた親族や“ナイジェリアのプリンセス”を装って「早急に送金してほしい」と要求するものだった。後になって振り返ると、そうした詐欺は原始的に思える。技術やサイバー攻撃が進化したにもかかわらず、攻撃者がBECに使う手段はほとんど変わっていない。BECが、技術の進化では解決できない人の心理という弱点を突く「ソーシャルエンジニアリング」を悪用するためだ。

 現代のBECは、特定の標的を狙う詐欺「スピアフィッシング」などの手段で盗んだ認証情報を利用してメールアカウントに不正ログインし、標的の企業の機密データを盗み取れる状態を確立する。次に人の心理を操って従業員をだまし、信頼できる相手を装って攻撃者に機密データや現金を送らせる。

 先入観を突くBECを食い止めることは特に難しい。正規のメールと詐欺メールを見分けるだけでも十分困難だが、それはBECのリスクを低減する対策の一つでしかない。BECの金銭的被害は深刻化する恐れがあり、攻撃者は効率の良さを理由にBECを盛んに仕掛けている。本連載が紹介する5つのBEC事例を通じ、よくある手口を理解して攻撃を見抜く備えをしよう。

事例1.サプライチェーンを狙うBEC

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

郵送業務を電子化する理由 3位「テレワークへの対応」、2位「業務の迅速化・省力化」で1位は?――リンクス調査
キャンペーンのお知らせや新商品の紹介のダイレクトメールなど、個人宛てに送付する郵便...

news172.png

WACULが「AIアナリストSEO」を大幅刷新 コンテンツ作成×外部対策×内部対策×CVR改善をワンストップで支援
月額30万円でAI技術を活用したコンテンツ制作、約4万サイトの支援データ、熟練コンサルタ...

news150.jpg

SFAツール「Kairos3 Sales」にモバイルアプリ版 訪問営業の生産性向上へ
モバイルアプリ上で、リアルタイムで営業活動の確認・記録が可能になる。