約9割が「DX」にプレッシャー CIOを惑わせる“あおり文句”の誘惑IT製品の宣伝文句を見極める3つのポイント【第1回】

DX推進に責任を負うCIOは、プレッシャーと戦い続けている。こうした中、きらびやかに見える“あおり文句”に、つい心を動かされるCIOがいてもおかしくはない。

2022年04月08日 05時00分 公開
[Mary K. PrattTechTarget]

関連キーワード

CIO


 金融機関Principal Financial Servicesでシニアバイスプレジデント兼最高情報責任者(CIO)を務めるキャシー・ケイ氏は、大々的に宣伝される新しい技術について、魅力を感じると同時に「新しい技術を迅速に導入すべきではないか」というプレッシャーを感じてきた。この気持ちはITリーダーなら誰もが感じることだ。

 ケイ氏はビジネスにおける課題とその解決策に着目することで、新たな技術への過剰な期待を防ぎ、焦りから不要な技術を導入してしまうケースを回避できた。この方法は、他のITリーダーもうまく応用できる可能性がある。

DXにプレッシャーを感じるCIOを襲う“あおり文句”

 “最新で最高の技術”に飛び付きたくなる衝動は、ITを扱うCIOにはつきものだ。CIOは、絶えず変化するビジネスの中で変革とアジリティ(俊敏性)を実現するという任務を負うため、この傾向は特に顕著になる。だが自社の技術を「あらゆる課題を解決する“万能薬”」というポジションに位置付けたいと考えるベンダーも存在する。技術に関するあおり文句を回避するには、IT製品を正しく評価する方法を理解することが重要だ。これに失敗すると、コストがかさむ。

 Adobeが2021年3月に発表した調査レポート「CIO Perspectives Survey」の2021年版によると、米国のCIOの87%が「デジタルトランスフォーメーション(DX)に対してプレッシャーを感じたことがある」と答えている。同調査は、Adobeが米国、英国など6カ国506人のCIOを対象に実施したものだ。

 CIOは複数の優先事項をやりくりしている。長期の戦略目標、新たなビジネスチャンス、急激に変化する市場の力学、急速に進化する技術、さらに社内外の顧客から絶えず寄せられる要望のバランスを取らなければならない。複雑化するビジネス環境によって、優先事項は競合し、迅速に動かなければならないというプレッシャーが生まれる。大げさな宣伝文句に踊らされないようにしつつ、適切な技術を優先して取り入れることがますます必要になってはいるものの、ますます困難になっている。


 適切な戦略があってこそ、IT投資を軌道に乗せることができる。第2回以降は、新技術の宣伝文句に踊らされず、適切な戦略を立てるのに役立つ3つのヒントを紹介する。

  1. ビジネスの成果を重視する(第2回で紹介)
  2. 見過ごされているコストについて考える(第3回で紹介)
  3. 識別力と創造力のバランスを取る(第4回で紹介)

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...