Macを守る「セキュリティキー」とは? “Appleだから安全”とは限らないMacを安全に使うには【第5回】

AppleはMacを攻撃から保護するためにソフトウェア面でさまざまな工夫を凝らしているが、それだけではない。物理的なセキュリティキーを用いたMacの守り方と、その注意点とは。

2024年02月23日 08時15分 公開
[Robert SheldonTechTarget]

関連キーワード

Apple | Mac | セキュリティ


 AppleのクライアントOS「macOS」を搭載したデバイス「Mac」のセキュリティ対策として有効なのは、ソフトウェアの機能だけではない。ハードウェアでできることもある。「物理的なセキュリティキー」の利用だ。なぜ有効なのか。気を付けなければならないリスクとは何か。

Macを危険にしないための「セキュリティキー」活用法

7.Apple IDの物理セキュリティキー

 AppleはMacで「Apple ID」のアカウントを使ってサインインするとき、物理セキュリティキーを利用できるようにしている。物理セキュリティキーは、USBやNFC(近距離無線通信)で接続する、業界団体FIDO Alliance認定の外部デバイスだ。ユーザーはセキュリティキーによって、フィッシング攻撃やソーシャルエンジニアリング(人の心理を巧みに操って意図通りの行動をさせる詐欺手法)からMacを保護できる。アクセスコードをテキストメッセージで送るといった認証方法だと、アクセスコード情報の漏えいリスクがある。

 将来、第4回で取り上げた「パスキー」(Passkey)がセキュリティキーの利用にどう影響するのかは、現時点では明確ではない。パスキーとは認証資格情報(クレデンシャル)の一種でパスワードを不要にする仕組みだ。セキュリティキーのデメリットとしては、ハードウェアのコストや、紛失や盗難のリスクが考えられる。


 Macの管理者が把握しておくべきmacOSのセキュリティ機能は、本連載で紹介した7つのみではない。他には、

  • 暗号化技術「FileVault」によるデータの暗号化
  • 内蔵ファイアウォール
  • マルウェア対策
  • メールを非公開
  • セキュアブート

といった、さまざまなセキュリティ機能がある。管理者はmacOSデバイスに組み込まれたモバイルデバイス管理(MDM)機能を用いることで、遠隔からの設定変更やデバイスロック、セキュリティポリシー順守の監視などができる。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。