2021年08月31日 05時00分 公開
特集/連載

「macOS」のセキュリティ担当者が「Arm」を学ぶべき“当然の理由”著名研究者がみるAppleのセキュリティリスク

macOSデバイスを攻撃から守るためには、Armアーキテクチャについて学習する必要があるとセキュリティ研究者は言う。それはなぜなのか。macOSマルウェアとArmアーキテクチャの関係を説く。

[Shaun Nichols,TechTarget]

関連キーワード

Apple | ARM | マルウェア


 「『macOS』最新版を狙ったマルウェアについて把握するには、『Apple M1 Chip』(Apple M1チップ、以下M1)内部の仕組みを学ばなければならない」。こう指摘するのは、macOSに詳しい著名セキュリティ研究者のパトリック・ウォードル氏だ。M1は、Appleが独自設計したSoC(プロセッサなどシステムの構成要素を1つのシリコンチップに集約した製品)だ。

 ウォードル氏は2021年8月に開催された年次のセキュリティカンファレンス「Black Hat USA」で講演。macOSを標的にしたマルウェアの知識を深めるためには、Armアーキテクチャを理解する必要があると述べた。

なぜmacOS攻撃を知るには「Armアーキテクチャ」を知る必要があるのか?

ITmedia マーケティング新着記事

news055.jpg

カスタマーサクセスを成功(サクセス)させる「日本型テックタッチ」とは?
カスタマーサクセスにおいて、より多くの顧客に効率よく情報を届ける上で特に重要になる...

news081.jpg

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

news044.jpg

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...