「macOS」のセキュリティ担当者が「Arm」を学ぶべき“当然の理由”著名研究者がみるAppleのセキュリティリスク

macOSデバイスを攻撃から守るためには、Armアーキテクチャについて学習する必要があるとセキュリティ研究者は言う。それはなぜなのか。macOSマルウェアとArmアーキテクチャの関係を説く。

2021年08月31日 05時00分 公開
[Shaun NicholsTechTarget]

関連キーワード

Apple | ARM | マルウェア


 「『macOS』最新版を狙ったマルウェアについて把握するには、『Apple M1 Chip』(Apple M1チップ、以下M1)内部の仕組みを学ばなければならない」。こう指摘するのは、macOSに詳しい著名セキュリティ研究者のパトリック・ウォードル氏だ。M1は、Appleが独自設計したSoC(プロセッサなどシステムの構成要素を1つのシリコンチップに集約した製品)だ。

 ウォードル氏は2021年8月に開催された年次のセキュリティカンファレンス「Black Hat USA」で講演。macOSを標的にしたマルウェアの知識を深めるためには、Armアーキテクチャを理解する必要があると述べた。

なぜmacOS攻撃を知るには「Armアーキテクチャ」を知る必要があるのか?

ITmedia マーケティング新着記事

news065.jpg

アップルのiPad Pro炎上CMにサムスンが一撃 「クリエイティビティーはCrushできない」
Appleらしからぬマーケティングの失敗から数日後、Samsungは「Galaxy Tab S9」を訴求する...

news063.jpg

電話・スマホでのコミュニケーションは「通話」? 「テキスト」?
クロス・マーケティングが全国の20〜69歳男女を対象にした調査によると、電話やスマホで...

news061.png

商品のパッケージが変わると購入意欲につながる?
商品のパッケージデザインの一新が新規購入とその後のリピート購入にどの程度つながって...