2021年05月29日 08時00分 公開
特集/連載

Apple爆速チップ「M1」搭載のiMac、iPad Proを素直に喜べない“切実な理由”“脱Intel”は是か非か

Appleは「iMac」「iPad Pro」の新製品に同社開発のSoC「Apple M1 Chip」を搭載し、処理速度を高めた。独自の“脳”を持たせた新製品は魅力的ではあるが、同時にある懸念ももたらしている。それは何なのか。

[Maxim Tamarov,TechTarget]

関連キーワード

Apple | Mac | iPad


 「Apple M1 Chip」(Apple M1チップ、以下M1)を搭載したデスクトップデバイス「iMac」とタブレット「iPad Pro」の発売は、AppleがM1を生かした製品開発をいかに急速に進めているかを示している。M1は、同社が独自設計したSoC(プロセッサなどシステムの構成要素を1つのシリコンチップに集約した製品)であり、Armアーキテクチャ採用のプロセッサを搭載する。バッテリー効率を高めて低電力を追求しながら、高速なデータ処理を可能にしている。

 2021年4月にAppleは、M1を搭載したiMacやiPad Proの新製品を発表した。2020年11月に、最初のM1搭載製品となったノート型デバイスの2製品「MacBook Air」「MacBook Pro」と小型デスクトップデバイス「Mac mini」を発表してから約5カ月のタイミングだ。今回の新しいiMacとiPad Proは最初の3製品と同様、M1によって処理速度やバッテリー駆動時間などの性能を大幅に向上させている。

爆速「M1」がiMac、iPad Proにもたらす高性能と、残る“あの懸念”

 M1を搭載した新iMacは23.5型ディスプレイを採用し、21.5型の旧機種より大きくなった。Appleによると、新iMacや新iPad Proは、それぞれの旧機種と比べてアプリケーションの実行やグラフィックス処理の速度を大幅に高めている。これらの高速化にM1が貢献したことは間違いない。ただしユーザーにとってはM1搭載を手放しで喜べない事情がある。

ITmedia マーケティング新着記事

news130.jpg

学生・若手社会人の7割以上が「クリエイティビティ」を重視――アドビ調査
「就職活動・若手社会人に必要なクリエイティブスキルに関する調査」の結果です。

news065.jpg

これからの企業コミュニケーションを読み解くキーワード「ナラティブ」とは?
話題書『ナラティブカンパニー』の著者である本田哲也氏とソーシャルメディアマーケティ...

news020.jpg

SDGsステートメント策定までにやったこと 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【後編】
前編に引き続き、LMGのSDGs推進活動をご指導いただいた北九州市立大学教授の眞鍋和博氏と...