Windows 11をいつか遅くする“小さな大問題”を一掃する無料ツールとは?「Windows 11」パフォーマンス問題解消法【第4回】

「Windows 11」のパフォーマンス低下は、必ずしも1つの大きな原因が招くわけではない。複数の小さな原因が積み重なることで、パフォーマンス問題を引き起こすことがある。問題の芽を摘むための手段とは。

2023年04月16日 10時30分 公開
[Ed TittelTechTarget]

 MicrosoftのクライアントOS「Windows 11」搭載PCを利用する際、データ処理速度といったパフォーマンスが低下することがある。こうした事態に対処するための「5つのステップ」のうち、4つ目に焦点を当てて解説する。

4.放置してはいけない“小さな大問題”に「無料ツール」で対処する

 Windows 11のパフォーマンス低下の原因は、必ずしも1つではない。単独ではパフォーマンスに影響しない問題でも、他の問題が同時に発生した場合にパフォーマンス低下を引き起こすことがある。例えばドライブが不要なファイルで圧迫されていたり、重要なファイルが破損したりした状態を放置すると、他の問題と組み合わさってパフォーマンス低下の原因になりかねない。

 パフォーマンス問題の芽を摘むために役立つ、Windows 11の主な機能やツールを紹介する。これらの機能やツールは、Windows 11ユーザーであれば無償で利用可能だ。

1.ディスククリーンアップ

 不要なファイルを一括消去するには、Windows 11の標準機能である「ディスククリーンアップ」(Disk Cleanup)が役立つ。ディスククリーンアップを実行するには、「Windows」キーと「S」キーの同時押しで検索バーを開き、「ディスククリーンアップ」と入力した上で、「管理者として実行」を選択。システムドライブ(通常は「Cドライブ」)を選択し、「削除するファイル」の全てのチェックボックスにチェックを入れて、削除を実行する。

2.chkdsk

 Windows 11は、ドライブ診断・修復機能の「chkdsk」を備える。chkdskの実行には、Windows 11のコマンドラインインタフェース(CLI)である「コマンドプロンプト」または「Windows PowerShell」を使う。CLIに「chkdsk c:/f」(Cドライブ指定時)と入力して実行すると、chkdskはシステムドライブをチェックし、問題を修復する

3.DISM

 「WinSxS」は、Windows 11のカスタマイズと更新に必要な機能をまとめた「Windowsコンポーネントストア」のファイルを格納するフォルダだ。WinSxSの中にある不要なファイルを削除するには、Windows 11の管理ツール「DISM」(展開イメージのサービスと管理)が役立つ。ファイルの削除や修復をするオプション「/Cleanup-Image」を付与して、CLIでDISMを実行すればよい。

4.システムファイルチェッカー

 不足・破損しているファイルの検出ツール「システムファイルチェッカー」(SFC:System File Checker)は、Windows 11の中核となるシステムファイルを検査、修復する。MicrosoftはSFCを使う前に、Windowsコンポーネントストアの破損を確認、修復するパラメーター「/RestoreHealth」を設定して、DISM(/Cleanup-Imageを付与)を実行することを推奨している。


 第5回は、5つ目のステップを紹介する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news045.jpg

「現金で買い物」は少数派? 意外なポイントの使い道は? 調査で見えたお金への意識の変化
メットライフ生命保険が「全国47都道府県大調査 2024〜社会情勢の変化と将来への備え〜...

news100.png

どこどこJPに「匿名ネットワークアクセスレポート」が追加
Geolocation Technologyは、「どこどこJP」に新機能「匿名ネットワークアクセスレポート...

news093.jpg

先進ブランドは「AR」や「MR」をどう使っているのか(無料eBook)
リアルとバーチャルを融合した空間を創造する先端技術をマーケティング施策に取り入れる...