Webサイトがクラッシュしたときに「最低限やるべきこと」はこれだWebサイト「クラッシュ」7つの原因【第8回】

Webサイトのクラッシュは、未然に防ぐことがベストだ。だが、そうはいかないときもある。Webサイトがクラッシュしたときに、悪影響を最小限に抑える方法とは何か。

2023年04月13日 08時15分 公開
[Amanda HetlerTechTarget]

関連キーワード

CMS | 管理者 | Webサイト


 企業は自社Webサイトの表示トラブル「クラッシュ」を未然に防ぐ対策を講じることが大切だ。クラッシュを防げなかった場合に備え、クラッシュした際の対処法も考えなければならない。具体的には、どうすればいいのか。

「Webサイトがクラッシュした際の対処法」はこれだ

 まずインターネット接続に問題がないことを確認するために、他のWebサイトをチェックして、自社のWebサイトがクラッシュしていないかどうかを確認する。自社のWebサイトがクラッシュしたのであれば、ソフトウェアの更新やサーバメンテナンスによってWebサイトが停止した可能性があるため、まずはその点を確認しよう。

 それでもWebサイトが動作していない場合は、すぐに行動を起こすべきだ。Webサイトのホスティング企業や管理者に、すぐに連絡を取る。Webサイトが更新されたばかりであれば、開発者に連絡してコーディングに問題がないかどうかを確認する。

 Webサイトがクラッシュしていることを、エンドユーザーに公表するかどうかの検討も重要だ。その場合、メールによる通知、SNS(ソーシャルネットワークサービス)の公式アカウントでの投稿といった具体的な方法を決めなければならない。Webサイトのクラッシュが長く続く可能性がある場合は、説明ページを設けて、そこにリダイレクトさせる手もある。

 他にもWebサイトへのアクセス増加を避けるために、開催中のプロモーションを一時停止するか、プロモーション期間を延長するかを決める必要がある。プロモーション再開の準備ができたことを確認したら、エンドユーザーにWebサイトの再開を通知しよう。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...