2024年02月01日 05時00分 公開
特集/連載

SBOMフォーマット「SWID Tag」は「CycloneDX」や「SPDX」と何が違う?SBOM「3つのフォーマット」を比較【後編】

「SBOM」(Software Bill of Materials)の複数のフォーマットの中で、「SWID Tag」は他のものと少し位置付けが違う。CycloneDX、SPDXとは何が異なるのか。利用するメリットとは。

[Ravi DasTechTarget]

 ソフトウェア部品表である「SBOM」(Software Bill of Materials)には、以下3つのフォーマットがある。

  • CycloneDX
  • Software Package Data Exchange(SPDX)
  • Software Identification Tag(SWID Tag、またはSWID)

 このうち、SWID Tagは少し特殊だ。それはなぜなのか。CycloneDX、SPDXと比較しながらSWID Tagの特徴を整理しよう。

「SWID Tag」とは? CycloneDX、SPDXとは何が違う?

 SWID Tagは米国立標準技術研究所(NIST:National Institute of Standards and Technology)が開発している。CycloneDXやSPDXと異なり、全てのソフトウェア情報を集約するものではないため、完全なSBOMフォーマットとは言えない。SWID Tagはソフトウェア開発者がソフトウェアの各コンポーネントに付ける“タグ”だ。インストールされたソフトウェアを追跡し、ライセンス管理やパッチ(修正プログラム)管理ができる。

 SWID Tagを自動スキャンツールに統合して、脆弱(ぜいじゃく)性スキャンに利用することができる。NISTはSWID Tagのデータを米国政府の脆弱性データベース「National Vulunerability Database」(NVD)や、脆弱性管理を自動化するための基準「Secure Content Automation Protocol」(SCAP、セキュリティ設定共通化手順)に追加している。

 SWID Tagはソフトウェアの追跡に加え、ユーザー企業に以下のメリットをもたらす。

  • ソフトウェア開発プロセスで使用されているコンポーネントが組織のセキュリティポリシーに準拠しているかどうかを判断できる
  • 全てのソフトウェアのパッチとアップデートが適用されているかどうかを確認できる
  • 有効な設定プロセスが実施されているかどうかを確認できる
  • 古いソフトウェアを特定し、新しいバージョンに置き換えることができる
  • ソフトウェアに加えられた変更を検出できる
  • 不正なソフトウェアのインストールを防止できる

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news071.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年2月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。

news102.jpg

バーガーキングが挑む「ハイパーパーソナライゼーション」を支えるすごいチーム
Burger KingのCMOパット・オトゥール氏は、ワッパーのカスタマイズに向けてMedia.Monksと...

news034.jpg

良いメルマガと嫌われるメルマガ 違いはどこにある?
B2Bマーケティングにおけるメルマガ施策は簡単そうに見えて難しいもの。どのようなポイン...