2021年07月16日 05時00分 公開
特集/連載

Zoomなどの「Web会議」を録画したくなる“これだけの利点”Web会議の録画、便利で適切な使い方【前編】

テレワークの広がりとともに、急速に普及した「Web会議」。その録画がもたらす利点とは何か。主要な3つの利点を紹介する。

[Reda Chouffani,TechTarget]

関連キーワード

在宅勤務


 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)によって在宅勤務などのテレワークが広がるのに伴い、Zoom Video Communicationsの「Zoom」をはじめとするWeb会議サービスの需要が高まった。その結果企業は、Web会議の録画について、法的な問題点への配慮を余儀なくされている。盗聴と録画に関連する米国連邦政府および米国各州のさまざまな規制を考えると、ITリーダーは従業員がWeb会議を録画するに当たって、より厳しい方針を定義する必要がある。IT部門は、自社を法的または倫理的な問題のリスクにさらすことなく、従業員がWeb会議を録画し、有効活用できる落としどころを用意するとよい。

 企業がWeb会議を録画できるようにすると、テレワーカーは社内で実施したブレーンストーミングや研修、Web会議の中で参加者が共有した重要な情報を、終了後も簡単に確認できる。Web会議を録画する主要な利点は以下の3つだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news175.jpg

ネトフリ「広告付きプラン」は誰得? 業界関係者の反応は……
広告モデルへの一部移行がうわさされるNetflix。新たなプランが増えることで視聴者と広告...

news034.jpg

変革ビジョンはなぜ形骸化してしまうのか?――調査が明かした経営層と現場の社員のギャップ
掛け声ばかり勇ましくて実際の取組みは遅々として進まない――。DXに関して同じ悩みを抱...

news037.jpg

「マーケティングDX人材」を定義する
2022年、日本企業はDXのあるべき姿を実現するために、自社のマーケティングを大きく進化...